スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

サミィーゾ……サッミィーゾッ!!

 2011-01-10
最近、1日に口から出る言葉の2/5くらいは「寒い」ないしそれに類する単語ばかりなんじゃないかと思えてならなかったりします。まぁそれだけ今は寒さの厳しいという事なんでしょうけれど……もう真面目に勘弁してほしいねぇ、この状況は。
毎朝毎朝、夜明け前の一番に気温の低い時間帯に家を出なきゃならないもんだから、移動だけで相当心身ともに削られるものがあるのです(;´-ω-)ゞ


……ともあれ、またいつものようにとりとめのない話をつらつらと書き連ねてこうかと。
 
―――

俺的には未だに15日という感覚で未だ馴染みのないものではありますが、そう言えば今日が成人の日なんでしたっけね。今年もまたどこかで、非常識な輩がバカ騒ぎを引き起しちゃってるのかと思うと、嘆息を漏らさずにゃぁいられないものですが……
かく言う俺は云年ほど前に出席する機会があったのですが、結局出席する事無く家でのんびりと過ごしてましたっけねぇ。寒い中わざわざ出向く程のものでもあるまいし、何より小中の頃の同級生とは死んでも顔を合わせたくはなかったもので……高校の頃の同級生となら是非喜んで、といった感じなんですけどね。


……他所でも書いてるけれど、小学時代が「セピア色の時代」なら中学は「モノトーンの時代」、そして高校以降は「ビビッドの時代」だったなぁと、今でも思うものです。
暗いとまでは言わずとも、彩りもなく単調なあの時期は本当に苦痛だったけれど、それがあったからこそ鮮やかな環境への変化がより際立って感じられたんだと思うと、あながち無駄なものでもなかったのやも知れませんね……とか言ってみたり。


これからの人生、その色彩は果たしてどのように変化していくものでしょうかね。

―――

また話は変わりまして。
俺の好きな曲のひとつに、丹下桜さんの「ひとつだけ」という曲があります。
数年前、『カードキャプターさくら』のサントラで初めて聴いて以来のお気に入りなのですが……



先日、数年ぶりにそのサントラを借りてきた際に初めて気が付いた事なのですが、この曲って楠瀬誠志郎さんが作曲を手掛けてたんですね。今更ながらに知って非常に驚いたものです。
今でこそ好きなシンガーソングライターのひとりであるけれど、当時は全く興味を持ってなかったからねぇ……けれど、これまで全く知らなかったが故に「あぁ、だからなんだなぁ……」と妙に納得してしまう俺がいるのもまた事実。この曲を好きになるのも必然であった、という事なんでしょうかね。



個人的に、楠瀬さんで印象深いのはやっぱりこの二曲でしょうかね。もうどちらもかーなーり前の曲になるけれど、今聴いても色あせない魅力があると思うものです……いずれまたCDとか探してみようかな?その分また、出費がかさむ事必至だけどさ(´・ω・)
関連記事
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/82-3634c82f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。