スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

走れ 五つの弾丸!

 2013-09-04
blogのプロフ欄にも記している通りコーヒーをこよなく愛する俺なのですが、ここ半年ほどはどうもコーヒーを飲んだ後息苦しさを覚える事が多くなってきて、結果として以前のようには常飲出来ずにいるのが非常に辛かったりします。
……とかなんとか言いつつ、それでも週に一度くらいは必ず一服というのがお決まりなところもあるのですけどね。最近はレモンティーならぬ「レモンコーヒー」にして飲むのがお気に入りだったり、えっ!?と思われるやも知れないけれど意外と行けるんだ、これが。


 ―――


常々口にしているように、掘り起こさずとも色々ネタは転がってるはずなのですが、ふと気まぐれに過去の写真フォルダを漁ってみたところ、随分前に紹介しようと思って撮っておきながらほったらかしになっていたのがありまして、丁度今月後半からCSでも放送開始だし丁度いい機会だという事で、今回はコイツを取り上げてみる事としましょう。

DSC01449_201309040629076c4.jpg
(シールは入手時点で全て未使用でしたが、どうにも勿体ない気がして未だに貼付に踏み切れなかったりします;)

今年で放送15周年目を迎える『星獣戦隊ギンガマン』、その放送当時バンダイより発売された「DX超合金 獣陸合体ギガライノス」です。
放送時間が変わった『メガレンジャー』からしばらく戦隊というか、特撮自体から疎遠になってた時期がありまして、そこから1年半程のブランクを挟んで『ギンガマン』後半でまた飛び飛びながらも戦隊視聴を再開したというのは、過去に本館サイトなどでも言及した通りですが……
その視聴再開のきっかけとなったエピソードが、今回紹介するギガライノスが初登場した第二十九章だったりしまして、それだけにコイツと相方のギガフェニックスに関しては特に強い思い入れがあるのです。ストーリー展開もさることながら、デザイン的にもそれぞれベクトルは違えど、俺的に好みな部分も多かったですしねぇ。

で、当然ながら玩具の方も当時からずっと手に入れたいなぁと密かに思っていたのものの、何分当時はそこまでの金銭的余裕もなければ、この手の玩具を購入する気恥ずかしさも多分に残っていた頃。放送終了から数年位経って、ネット等でコイツの紹介を見る度に嘆息をもらすばかりであったのですが……以前紹介したセイバーズと同様、思い続けてればそのうちいい機会に巡り合う事もあったりする訳でありまして、一昨年末にほぼ新品扱い(ランナーパーツのみ切り離し済み)のブツをお迎えするに至ったのでありました。

DSC01444_20130904062903226.jpg(分離形態の「ギガホイール」。このSF感あふれるデザインに惚れ込んでしまったんですね)

で、玩具の方はと言えば見ての通りの単純な合体パターン、可動も首と肩そして手首ロール位なものですが……しかしながらこの箱々しい(ってなんじゃそりゃ)フォルム、それにカッチリとした作りにはとかく安心感がありますし、ギンガイオーより比率が低めだろうとは言え、ちゃんと合金パーツも使われている(腹、腰、脛の前面がそれに該当します)のも安心感・重量感を一層演出してくれている気がします。
また単純と言っても腿の部分のカバーがビークル時にはロックの役割を果たすなど、所々で細かな小技が利いてたりする部分もありまして、実際手に取ってみるとこれがまたなかなか好い印象を与えてくれたものです。
しいて難点を挙げるとすれば、軟質素材のヘッドギアが頭部から外した状態ではすぐに変形しちゃうのと、合体時に両足の車輪が特に固定されないので転倒などの恐れもある(まぁ通常は自重が効いててそこまでコロコロ転がってきゃしないのですが)、といったところ位でしょうか。腰部分に当たるギガホイール3と、他のビークルとの接合部分がミョーに固かったりもするのですがまぁ、こればっかりは安全性を考えると致し方ないところでしょう。

DSC01452_20130904062911118.jpg(しかしこうしてこの二体を並べちゃうと、やはり各々の相方も手に入れたくなって来ちゃうのがまた辛いもんですねぇ)

このギガライノスを入手したのと前後して、以前紹介したセイバーズもお迎えしてたりしまして、諸々の枠を超えて「陸の勇者」と「大空の勇者」が揃った事に。こうして並べてみるとそれぞれの商品の持ち味だけでなく、バンダイとタカラの設計思想の違いといったものも感じ取れて、なかなか興味深いものがありますね。
どちらも定価より若干安めの価格だったとは言え、ほぼ同時期の入手という事もあって財布にはかなり厳しいものがありましたが……やはり入手に踏み切って正解だったなと思うところです。



……それにしても、やっぱりシールを貼付するのが勿体ないのよなぁ、いっそセイバーズの方もひっくるめて部分塗装に踏み切っちゃおうかしら(え


 2013/09/04 22:25:00
 
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/287-542afa53

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。