スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

チキン反応マアァァァックス!

 2013-01-20
……『大阪おかん』といい『ニャル子さん』の再放送といい、今年に入ってこの方ビミョーに阿澄佳奈の名前を見かける機会が多い気がするなぁ。言うまでもない事ですが、俺にしてはという意味ね。そういや『ニャル子さん』関連でクトゥルー関連作品のカバーアルバム、なんてのも出るそうですが、収録曲の中に『ティガ』と『マジレン』のEDがあるのを見かけておしるこ噴きかけた、そんな日曜の早朝。

NEWS|名状しがたいアニメ「這いよれ!ニャル子さん」オフィシャルサイトのようなもの

そういや、17日深夜の第2話再放送を録画し忘れてた事に今頃気付いたよコンチクショウ(´・ω・)

それはともかくとして、なんかこう最近また余裕に欠けてくる事の多い気がしてなりません。色々と気負いがちなのは自覚してますし、もう少し気楽に行けたらなぁとは思うものですが……一応今回の(直接的な)原因は分かってるので、後はどう理由を付けてそのしがらみを断つべきか……そこがムツカシイところなのよねぇ。下手な事言ってますます泥沼化、なんて可能性も否定は出来ない訳ですし。
まぁそんなこんなで七転八倒しながらも、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第47話の所感だよコンチクショウ(`・ω・)


……『スマプリ』も来週で終わり、『ウィザード』も未だ視聴意欲が湧かない今、下手したら次期戦隊の出来次第で今年のニチアサは(俺的に)全滅、なんて事もあり得ると気付いて急に空恐ろしくなって来たものです。まさか一昨年よりもアレな状況になるとは思わなんだよ、ホント。
 
 ―――


……まぁしょーじきな話、エンターさんがマジェスティになっちゃってたりとかデータを別の場所にバックアップしてたりとか、その辺は大体フツーに見てれば案の定な範疇ではあった訳なのですが、でもそのバックアップを仕込んだ先というのが、また何とも靖子さんらしいというか何というか。『ギンガマン』の頃からそうだけど、ホントにレッドに重荷を背負わすのが好きなお方だこと。カードを仕込まれてたのはやはり回想にも出て来た、あの掌底喰らわされたシーンでの事だったりするのかな?
成長を重ねるにつれて人間に近付いた分、その情緒も非常に豊かになって来てますね。そしてエスケイプさんへの反応……やっぱり色々と複雑な感情を抱いてたのね、エンターさん。39話での庇いようといい、握り潰される直前に不完全さを評価していたのといい、ここまでに度々彼女に対して見せていた反応も、概ね打算抜きなものだったのではないか、という印象を改めて強くさせられた気がします。
そのエスケイプさん、従順過ぎるあまりにエンターさんからはコレジャナイと切り捨てられ、また出て来たかと思えばリュウさん&ヨーコに一蹴され……相変わらずの人格リセットぶりも相俟ってか、前回以上に救いのない感じがもうひしひしと伝わってくるのがもうねぇ。出て来た当初はこうなるとはゆめゆめ思わなんだよ。次回はまたさらにパワーアップ&専用機再登場?のようですが、タイミング的に見ても恐らくこれが最後の見せ場という事になるんでしょうか。
……それにしても結局、Jのクワガタとクワガタロイドは別人(別虫?)なのか。あのJの事だからあり得そうな話だとは思ったけれど、流石にそれをそのままやっちゃうとまでは思わなかったぞ(爆


前回がリュウさん&ヨーコの関係性の集大成ならば、今回はヒロムのこの一年での成長ぶりが如実に表れていたかのような、そんなエピソードではないでしょうか。
ウィーク・ポイントの克服こそならなかったものの、自ら進んでみんなと一緒に克服に努めようとしたり、それが無理なら意地を張らずにみんなに協力を仰いだり……特に後者の逡巡とかそういうのなしでサラッと言ってのける辺りは、前半の誰にも頼らない弱みを見せない頃を思うと感慨もひとしおだったりするものです。
しかしこちらもタイミング的にこれがラストというのもあってか、今回はニワトリ周りでのコミカルな描写の多いこと。フリーズってこんなに苦痛の伴うものだったのか?とか、目ぇ覚ましたらニック達までニワトリに見えるほどの重症っぷりとか、果てはフリーズ対策の苦肉の策等々……いい意味で色々とツッコミどころが散見されたように思います。ここで大いに笑わされた分、根底に流れる深刻なムードやラストの衝撃がより際立って見えるというのも、ありがちながらも印象は悪くなかったり。にしてもマサト先輩がニワトリマスク(仮)に扮してたくだり、これもやっぱり狙ってのものなのかな?
巨大戦ではドッグ・ファイトありアニマルモードもありなスタッグの単体での戦闘を始め、久々のカタパルトアタックやエース&ライオーのライディング等々、こちらもトータルの時間こそそれ程でもないながらなかなか工夫が凝らされていたように思うところ。前回言及しきれなかったラビット&ライオーの活用ぶりも含め、終盤に至るまで何かしら単体での各マシンにも見せ場を作ろうとする、そういう気概はもっと評価されてもいいと思うんですけどねぇ。
余談ながら、素体がβタイプな事もあってか今回のメガゾードがどうにも『ウルトラマンガイア』のエンザンを思い出されてしまうったらありゃしない。何ともタイミングのよろしい事に、今朝のCSはTBSチャンネル1での再放送も丁度その回……と思ってたらこちらは次週だったりするのがちょっと惜しい;


……『ゴーバスターズ』も残すところ後3回。今年も2年連続VSシリーズなしで、ここ数年に比べてやや寂しい感のあるクライマックスではありますが、その分TVシリーズ本編に全力投球!という事で最後までしっかりと魅せてくれる、そんな作品であってもらいたいものですね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/253-a4da94c8

【2013/01/20 21:41】
【2013/01/22 23:36】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。