スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ブルーバスター消滅……?

 2013-01-13
……や、マスク割れといい崖落ちといい、今回のリュウさんに一瞬ダディがダブって見えたんです、ええ(爆


閑話休題。
BS朝日で放送中だった『水曜どうでしょうClassic』も昨夜の放送分でとうとう最終回に当たる「ヨーロッパ20ヶ国完全制覇」最終夜まで到達。2009年4月の開始からここまで4年弱……長いようで短いような、そんな感慨深いものがありますねぇ。
その「ヨーロッパ20ヶ国」、どうでしょう班が歳を重ねた&行程が前二回ほどシビアでない事もあってか、やや「ゆるい」度合いが高めになっちゃってバランスを欠いちゃってるのがちと残念っちゃ残念ではありますが、それでもまぁ所々の小ネタとか、相変わらずの車中でのトーク(っというか罵り合いというか)とか、それにグダグダな事この上なしなオチの付け方等々……相変わらずの調子は健在で個人的には全夜通して楽しめたかなと。少なくとも「ヨーロッパ・リベンジ」の一周目視聴時よりかはすんなりとのめり込めた感じではあります。
しかし第7夜、クエンカの街での「小林製薬の糸ようじ」のくだりはやっぱり吹き出さずにゃいられない。何度か抜粋したのを見てるはずなのにねぇ。後、今回は丁度今週からCSチャンネル銀河にてスタートの『俺たちは天使だ!』にて若かりし頃の渡辺篤史氏を目にしてるもんだから、その辺のギャップとかそういうものなども相俟ってるのやも知れないね。


で、「ヨーロッパ20ヶ国」が終わったならやっぱり来るよなぁ、という事で来週からは順当に「2011年新作」が2年近く遅れでスタートとなる(あまりに後になっての放送だから、公式ですら放送開始記載がないのに哀しさを感じるものです;)訳ですが、それが終わったらまた二周目入ってくれるかな?と淡い期待を抱きつつ、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第46話の所感でぇございます、どうぞ。
 
 ―――


エンターさんの今年の仕事始めは、有機物までもメタロイド化しちゃうというさらなる進化ぶりのアピールからスタートなようで……もうここまで来るとあぁ、さもありなんってな具合に何が来たって驚かんよ。ていうか前回も言及したけれどエスケイプさんからのパパ呼ばわりといい、そして次回予告のセリフといい、もうエンターさん≒メサイアという事で確定と考えてよろしいんでしょうかね?その辺、まだもう一捻りありそうな気がしないでもないものですが……
で、そのエスケイプさんは復活したはいいけれど「私が死んでも代わりはいるもの」的な使い捨て要員と化してしまったよな……そんな印象。一度倒された時は「あぁ、この後復活するだろうなぁ」と思っていたものですが、復活する度記憶まで再びリセットされるとはなぁ。こういう形での復活となったのは、人間的な感情というものに否定的というか、あくまで”成長”のためのデータのひとつとしか見ていないエンターさんの意思もあるのでしょうが……それもまた、この後の展開にとって重要な意味合いを持つのかな、とも思ったり。
でもって行き着くとこまで行き着いた感のある生物由来のメタロイド。前情報でそれがクワガタが元になってるというのは知っていたので、クワガタと縁深いJがどのような反応を示すのだろうか、そこら辺密かに気になっていたのですが……あらま、Jが飼ってたクワガタだったとは。前々からちょこちょこそういった描写があればもっと効果的な展開になってたろうと思う(というか、目立たないところでちょこちょこ小ネタ挟んでくるのがJだから、もしかしたら覚えてないだけでそういった描写もあったのやも……)ものですが、ともあれそんな戦いづらい事この上ない敵とどう立ち向かうのか、ますます気になってきますねぇ。


という訳で、今回はいよいよクライマックスへ突入した感もある一方、リュウさんとヨーコ、この二人の関係性の集大成とも言えるエピソードでもあったように思うところ。
時にあらぬ方向に暴走するしなかなか伝わらないけれど、戦いの後の事も見据えてヨーコの事を気にかけて来たリュウさんのオトンっぷりといい……まだ成長途上である故にその思いやりの全てを理解出来なくとも、リュウさんの事が大好きな事に変わりないヨーコといい……それまでの展開をちゃんと踏まえつつ、今現在の関係性の微妙な変化とか、また熱暴走中のリュウさんを救おうとするくだりを通してのヨーコの成長ぶりとか、そういったところを余すとこなく描いてくる辺りには毎度の事ながら感心せざるを得ない者です。
しかしこのタイミングでリュウさんとヨーコの関係性についてのエピソードを持ってきたのって、やはり同様にリュウさんとの因縁が描かれながらも、その一切をリセットされてしまったエスケイプさんとの対比も狙ってるのかな?とかふと思ったり。まぁ覚えてなくとも、本能的にリュウさんに執着してきたりと何だかんだで因縁は続いてそうな感じではあるんですけどもね。この先記憶が蘇る事はあるのかどうかも気になるポイントのひとつではあります。
後、前回穏やかならぬ言動を残してくれてただけに、今回のゴリサキの身体の張りようがもうイチイチ心配で心配で。パワーアップしたであろうエスケイプさんの砲撃を至近距離でくらい、リュウさんからもイチガンバスターの乱れ撃ちをお見舞いされながら、よく無事だったよなぁと未だに思うものですって、ええ。


……色々あってダウン寸前故、今回はちょっとこの辺で一旦打ち止めとします。先週といい今週といい所感もグダグダな感じでホントに申し訳ない限りです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/250-a35e1990

【2013/01/14 06:08】
【2013/01/14 22:36】
【2013/01/21 00:10】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。