スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Hey Boy! (胸を張って)空を見ろ!

 2013-01-06
うつむかないでさぁ~♪と続けたくなったのは俺ぐらいなもんやも……や、リュウさんがボーイなのかと言われると色々と辛いものがありますが。アラサーとしても最後の1年を迎える訳だからねぇ;

閑話休題。
シアターGロッソ、それに番組終了後の番宣CMを見てると、いよいよ『ゴーバスターズ』も終わりが近いのを実感させられてしまいますね……ここ数年来で一番のハマりようだっただけに寂しさもまたひとしおな訳ですが、その分最終回までの後数話分、今までにも増して気合を入れて見ていければなと思うものです。
それにしても、次回作は三度恐竜モチーフなんですねぇ。まぁモチーフの被り自体は今更な話ですし、その分どれだけ過去の同モチーフ作品との違いを見せてくれるか、なんて楽しみもまたある訳なのですが……や、ここではあまり多くは語るまい。というか語り出したら(良きにつけ悪しきにつけ)それだけでまた記事ひとつは余裕で書き上がりそうなので、例によってまたの機会としましょう、そうしましょう。
という訳で新年最初の『特命戦隊ゴーバスターズ』第45話の所感、今年もよろしくお願いしますね皆々様!


しかし1週間ブランクが空いただけでペースがつかめなくなるという不思議……考えてみれば今期は例年夏場に挟まれる各種スポーツの中継などがなかったから、年末までノンストップで放送があったんですよねぇ。そら立った一度の休みでも、ペースが大いに乱れようという訳だ(´・ω・)
 
 ―――


前回何の前ふりもなく復活したエンターさん、ですが今回は姿も見えず。正月休みだなんて訳でもなし、恐らくは水面下で何らかの企みを進めている事でしょうが、それでも見てみたかったよなぁ……エンターさんの晴れ着姿(爆
エンターさん不在の中、今回は『ゴーオンジャー』の「家出ボンパー」回を思わせるかのような戦闘員達の活躍?ぶりが地味~に印象的だったように思いますね。にしてもあの端末(カードが要らなかったところを見るに、エスケイプさんの遺品(というと語弊があるか;)でしょうか?)があれば、バグラーにもメタロイドを作り出す事は出来るんですねぇ。これにはちと驚きだったり。
そして小さな強敵第2弾、なオモチロイド。年末の山場でアレだけのものを見せてくれた反動というのもあるのでしょうが、しかし消しゴムに焦げ目をつけてスリーブを真っ黒にしただけ(ではないようだけれど)でお餅だと言い張る強引さ、個人的には嫌いではないです、ええ。戦闘でも餅の特性を活かしているのが実に好印象だったり。熱で膨れる事で人間大、というバカバカしい発想もまた面白いよなぁ、とw


という訳で今回はクライマックス前の箸休め、といった趣の強いエピソードだった訳ですが、リュウさんに絡んでの、勘違いからくるドタバタぶりなど内容的には「さらばブルーバスター」と「小さな強敵!~」を足して二で割ったよな、そんなセルフリメイク的な印象も受けるところがあったようにも思えますね。
この時期にやるエピソードか?なんて声も聞かれますが、個人的にはこういったインターミッション的なエピソードも必要だと思いますし、また時期以前にこの作品でやる必然性に欠けていた「怪盗ピンクバスター!」の回に比べたら、まだそこまで悪いものでもなかったかなと。
前述の通りエンターさんが不在だった分、アバンでの晴れ姿に始まり(個人的に、出だしの司令の一声は地味~にビビッときたポイントだったり。おかげさまでシャキッと目が覚めましたしねぇw)、レストランでのそれぞれに何か残念な変装と(しかし正月飾りに女装と、相変わらずJのズレっぷりは群を抜いてるなぁ)、今回はゴーバスターズにコスプレ分が集中する事に……個人的にはマサト先輩のアフロルックがみょーに印象深かったりします。アレでなかなかカッコいいセリフを言ってくれちゃうんだもの。
しかしまぁ何ていうんだろう、この世界におけるゴーバスターズの認知度がここに来てまた不明瞭になったような、そんな感がしなくもないですね。エスケイプさん初登場回を見る限りでは世間に対する認知度も高めな感じがしてたのですが、今回のお見合い相手のレナさんの様子からすると(リュウさんが懸命に誤魔化してたとは言え)そういう訳でもなさげなのがまた謎だったり。むぅ、もうちょっとライター間での情報の共有はなされててもいいような気がするような?

……まぁ、色々とありますけれどまずは今年のリュウさんに幸多からん事を。あまり深読みしない方がいいのやも知れないけれど、ゴリサキもかなり意味深な台詞残しちゃってますしねぇ。


巨大戦では正月特別バージョン、ということでビートがライオーにライドオンだなんて変則的な戦法を見せてくれたのには意表を突かれたものです。玩具で再現可能かどうかはともかく、こういうありえそうな感のあるイレギュラーな形態が出て来るのはなかなかにうれしいものですしねぇ。しかしその直前にライオーが破壊した鏡餅の破片、アレはあの後どうなったんだろうか……なんて要らん心配をせずにいられないのが恨めしい;
そんでもって次回はようやくエンターさん仕事始め……かと思ったらエスケイプさんもものごっつくなって復活しちゃってたり?あまりにも呆気ない&報われない最期だっただけに再登場は素直にうれしい一方、エンターさんをパパ呼びだったりする辺りがなまら気になるところではあります。
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/247-30fac4f3

【2013/01/06 21:09】
【2013/01/21 00:07】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。