スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ヨーコのヨーは太陽のヨー?

 2012-12-09
狡い真似して見事に自爆しよったふうけもんのために、貴重な休みが一日潰れる羽目になった不肖管理者でございます。その煽りを喰らって昨日アップ予定だったヤスケンの誕生日記念イラストは未完に終わるし(年内にはアップ出来ればなぁと考えてたり)、何かもうやりきれないものがありますね。とかなんとか言ってるうちに、今週もまた先週と同じパターンになりそうな雰囲気が漂ってたり……年末はもっと厳しかろうというに、今からこれじゃ持たないぞ、きっと?
まぁそんな感じでぼやきつつも、来月からCSチャンネル銀河にて『俺たちは天使だ!』が放送されるとの事で、先日のファミ劇で登場したばかりのスコッチ刑事をきっかけに沖雅也という人物に興味を持ち始めた俺としては、またもへたばってられない要素が増えたなぁと奮起せずにゃいられない訳でありまして。ちなみに3年ほど前にリメイク版が放送されてたけれど、1、2回ほど見ていた割に出演者(まぁ特撮経験者が多かったからねぇ)以外、あまり印象に残ってなかったり……深夜帯での放送というのも多分に影響してるのやも知れませんけれども;
てか今気付いたけど昨夜の『刑事貴族』牧篇最終回録画に失敗してんじゃない、おまけにリピート再放送は来年二月までお預けじゃない……なんてちょっとやそっとどころの騒ぎでなしにゲンナリしつつ、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第42話の所感、発車いたしま~す♪


ところで今回、ヨーコが歌ってる辺りでふと思い出して記事タイトルに引用したこの台詞、元はどの作品で出て来たんでしたっけね? 喉元まで出かかってるんだけど思い出せなくってモヤモヤする、そんな日曜の朝であります。
 
 ―――


何やら前々回でエンターさんが吐いた”嘘”の解釈を巡って、一部で意見が分かれてたような様子なのですが、どうやら前々回の所感に書いた通りの解釈(カードの総数は13枚、うちばらまいたのは12枚)で正解だったようで。まぁ確かにあの口ぶりだと、二通りに解釈できちゃうのも分からなくはないやも……
そんなエンターさんの抜け目のなさっぷりも、年末が近いという事もあってかーなーり冴えまくっていた今回。乱入者であるはずのヨーコの存在や、δタイプの特性とかも上手く活かしてる感じで、この辺の手際の良さにはただただ感心せざるを得ないものです。ゴーバスターズにとってはピンチ以外の何物でもないとしても!しかし「人間の弱さ」に加えて「弱さから立ち上がる人間の強さ」のデータって……下手な主人公よりも主人公らしい成長の仕方だこと。
後余談ではありますが、もう物語も大詰めという事なのか、戦闘では強化形態で臨む事が多くなってきたアバターコンビだけれども、今回のくんずほぐれつな戦闘に際してエスケイプさんが強化形態だったのは、果たしてよかったんだか残念だったんだか……;


という訳で年末の山場へ向けての序章的な意味合いが強かった今回、てっきりこれが前篇で来週が後篇、でもって恒例の総集編で今年の締めだとばかり思ってたので、嵐の前の何とやらといった感じで一段落ついて終わったのは少々意外な感もあったり。
マジェスティの成長ばかりが取りざたされてますけれど、今回はヨーコのより一人前に近付いているところが示されたエピソードでもあると思うものです。車内で乗客達を奮起させようと頑張る(それが結果的にマジェスティの成長につながるのは……まぁ展開上致し方あるまい)辺りもいいのですが、個人的にポイント高しなのはアバンでの戦闘だったり。
まだちぃとばかし後先考えずな部分もあるけれど、彼女なりの頭脳プレーでメタロイドを撃破した一連の流れとか、その後先考えずなところを指して「ヨーコらしいけどな」とやや皮肉交じりなヒロムの評を、へへっと笑って受け流してるくだりなんかも、成長したが故の余裕を感じられて感心せずにゃいられないものです。
またヨーコがメガゾードロイドの内部へと囚われた後の指令室のシーン、こちらも(状況が状況なのも多分にあるけれど)これまでの成長ぶりをつぶさに見て来たからこそ彼女に全幅の信頼を置いているヒロム達、一方でヨーコにもしもの事があったらと焦りを禁じ得ないマサト先輩(と、多分思いは同じなんだろうが相変わらずどっかズレてるJ)といった具合に、ここまでで描かれてきたキャラクター性をキッチリと表現していた辺りが実にナイスだったりしますね。
まぁ当初メガゾードロイド内で変身できなかったはずのヨーコが、何時の間にやら変身出来るようになってる(ヒロム達が強行突入した影響やも?)とか、ちょっとしたツッコミどころはなくもないけれど、こういったキャラクターの成長ぶりや関係性をキッチリと示したところや、敵味方双方の展開する頭脳戦等々、なかなか見応えのあるエピソードであったかなと感じた次第です。



巨大戦ではエスケイプさんの専用機?にして、マジェスティの新たな器と思しき新型メガゾードが登場、ライオーやバスターヘラクレスの必殺技をものともしない堅牢さを見せつける辺りは流石!と思う訳ですが……
これで(エスケイプさんもひっくるめて)出番が年末の山場のみ、となるとちょっと寂しいものがあるやも。デザインもなかなかいいものを感じさせるだけにねぇ。まぁ春先の天高とか、一昨年の戦隊で似たような見てくれのヤツがいたような、そんな気がしないでもないのですが;
個人的に、願わくば最終決戦辺りまで続投となってくれればなと思いますし、エンターさん専用機なεタイプとの共闘なんかもあれば一層よろしかったり……いいじゃない、(裏切られるのは別として)期待するだけならタダなんだからさぁ(爆
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/235-73e43390

【2012/12/09 14:56】
【2012/12/16 10:48】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。