スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

なんだその走りは(`・ω・)

 2012-10-28
最近『ブレイジャー』の方が筆が進んで来た事もあって、ボチボチ創作活動も再開していこうかと意気込んでみたり、『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』を観に行ってきてなまらテンション上がりまくりだったり、その他にも良い報せが届いたりと、そんな感じで精神的にも上向きな状態にあった訳なのですが……
色々あって、昨日の夕方辺りからまた乱れに乱れちゃってる、そんな心理状態だったりします。当の昔に忘却の彼方へと追いやっていたはずの感情までぶり返してきて来ちゃうし、何かもう気が滅入ってく一方ですね、ホント……(´-ω-)=3


……とまぁそんな感じで、また少々問題発生といった感もなくはないのですが、「時間が全てを洗い流して 消してくれるはずだよ~♪」ってな具合で気持ちが上向いてくれる事を期待しつつ、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第36話の所感の時間でございますですぞ、皆の衆(何
あぁ、こんな精神状態に加えて完徹&ブラックコーヒーまで入っちゃってるもんだから、いつにも増してテンションがおかしくなってる気がするなぁ……;

(10/29 11:39 一部追記・修正)
 
 ―――


第二部に入ってこの方、エンターさんと立場逆転で出番少な目な状態だったエスケイプさん、その鬱憤を晴らすかのように今朝はのっけからトリガーハッピーなご様子で、エンターさんも今回ばかりは1シーンのみの出番に留まっていた様子……けれどやはりパワードカスタムには力不足だったのか、パワードカスタムなリュウさんの新技(よもや腕がゴリサキのそれに変化するとは思わなんだ)で吹っ飛ばされるわ、得物のゴク&マゴクは木端微塵になるわと散々な結果に。
流石に負けっぱなしでいるのはプライドが許さないのか、次回はパワードカスタムに対抗してエスケイプさんもパワーアップのようですが……そうですか、だから今朝はいつにも増して「サービス、サービスぅ!」な感じだったのね(爆 何か『ガオレン』中盤でのヤバツエコンビを思い起こさせる変貌っぷりですけれど、そうなるとやはりエンターさんも併せてパワーアップ、と相成っちゃうんでしょうかね……?まぁ確かに前回、ヨーコとJの二人に圧され気味で、要パワーアップなきらいはありましたが。
しかしメサイアカード由来のメタロイドも、早三体目にしてメサイア分の部位が被り始めて来たような……まぁ機界三十一原種も腕周りだけで3つくらい受け持っていたくらいですから、この位の被りはかわいいものということでしょうか。そして鳴り物入りで登場した割に、その後の扱いが不遇だったメガゾードδも地味ながらバージョンアップ……でも結局ゴーバスターライオーのかませ扱いになっちゃってる辺り、焼け石に水といった感があるのが哀しいものです(´・ω・)


そんなこんなで今週はバディロイド(っていうか、ウサダ&ゴリサキ)のストライキ回でありましたが、この二人&例によって通常運行なJに振り回されつつも、ライオーの心情を汲み取って二人の説得に回るニックの男前な振る舞いが非常に印象的だった、そんなエピソードでもあったように思うところ。この辺の大人な対応はやはり、不器っちょなヒロムと長年暮らしてきた事で培われてきた賜物なんだろうかと思うと、実に胸熱なものがありますねぇ。
まぁ、CM明け以降は巨大戦からハブられたり、ライオーのバディから除外されてたり(ラストのオカマ走りにゃ涙を禁じ得ないものです。ってか走り方にツッコみを入れられる口かね、Jよ;)と、散々な役回りでもありましたが……横道に逸れるけれど、今回みたくタイヤマシンガン(仮)はもう少し使用頻度高めでいいと思うのよ。それとも何か、アレって燃費悪いとかそういうリスクあったりするのかな?
しかし下山さんが担当の回って大体ストーリーの運び方が強引なのが難点なのですが、今回はやはり登場人物同士のやり取りが、不必要なまでにギスギスっとした感が否めない部分もあったものの、ストーリー的には「パワードカスタムがバディロイドに負担をかける」という設定や、以前のマサト先輩のセリフ(「デモもストも~」ってヤツですね)を拾う形でストライキへと持っていくところなどは、いつもに比べて結構いい仕事してるような気がしたように感じたものです。どうでもいいけど要求のひとつである慰安旅行の行き先にちゃっかり「遊園地」を加えてるウサダ……そんなに好きだったのね、遊園地。
そしてバディ達のストライキと併せてプッシュされていたのが「ライオアタッシュ」。やっぱりただのコンソールでは終わらない、エネトロンの異常消費やメタロイドの出現、さらにはウィークポイントの発動まで感知するわ、GX-05からの系譜?を汲んでか重火器形態にまで変形するわ(チャージの際のSEが地味~にツボで、ここはポイント高しなのです)と、月並みながら「もう全部アレ一台でいいんじゃないかな」といった雰囲気が漂ってきそうな、そんな多機能っぷりがこれでもかとアピールされてましたねぇ。だからもっとちゃんとライオーの使途をミカ嬢に伝えておけば……ヴァグラスとの戦いももっと早い段階から優位に進められてたろうになぁ、と。
……とりあえず、これに負けじとオペレーター組の更なる奮起を期さずにはいられないものです、ハイ。


前回に引き続きライオーの販促第二弾!という訳で、今回は合体形態「ゴーバスターライオー」が新登場。エースいないのになぜバスターソードが?と一瞬思ったものの、よくよく考えたらアレはスペアが何本もあるって設定だから別に矛盾はしてないのね。それだったらライオーのDX玩具にも一本サービスして欲しかった……というのは贅沢過ぎ?
しかしカラーリングの統一感といい、足回りのスッキリ具合といい、見れば見るほど”後発ならではの強み”ってものをひしひしと感じさせられるものですね、ゴーバスターライオーは。その辺も含めて、今のところエースの上位互換といった趣があるライオーですが、エースの方もお役御免となる事なく、今後も引き続き運用されていって欲しいなぁと思ったり。まぁ次回予告を見る限りでは、その心配も無用っぽそうではありますが。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/03 20:13】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/220-35f243ad

【2012/10/28 14:27】
【2012/10/29 20:32】
【2012/10/30 00:03】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。