スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

負けてるぞ、園児に

 2012-10-14
……そういや今回のエピソード見てて思い出したけれど、まだテレマガ10月号の付録DVDを見られず終いだったりするんですよねぇ。今回までに何とか見ておきたいとは思ってたんですが、今月に入ってからただでさえなくなりがちな余裕がますます削られているという始末。『ウィザード』も初回以降録り溜めっぱなしな状態がもう一月半程続いちゃってますしねぇorz
まぁ思い出した以上、このまま見ないまま終わりって事はまずないかと思いますので、また近いうちに9月号の分とまとめて所感を記す事になるとは思います。


閑話休題。
なにやら今朝の『スマイルプリキュア!』があの『迷い猫オーバーラン!』8話ばりに、良くも悪くも(本来の)視聴者置いてけぼりな展開だったとか、そんなスマプリの原画にあの大張さんも参加してたとか、そんな話を小耳に挟みつつ(そしてその頃俺は例によって二度寝の真っ最中でした;)、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第34話の所感、さっさと始めちゃいましょうか。
 
 ―――


前回の所感にて、「今回はデザイン的にも13体とも共通項がある様子」といった旨記したかと思いますが、スナドケイロイドの右腕が赤かったと思ったら今回のパペットロイドは右足が赤い……これは要するに、最終的には赤い部分がタイラントとかみたく寄せ集まって、マジェスティの新しい姿になるって事なんでしょうかね?まだまだ他にもありそうですが、何となく今後のデザイン的な傾向が見えてきたような感じがします。
しかしあくまで主目的がデータ収集であるとは言え、折角マサト先輩の自由を奪っておきながら、他にも色々と聴き出せただろうと思うと、エンターさん少々詰めが甘いように思ったのは俺だけでしょうか。事実上、現時点で組織のトップの座にあるという事もあるんでしょうが、第1部の頃にあった苦労人っぽさとか、軽妙な感じ等々……そんなトレビア~ンさがやや薄れてきたような感がしないでもないです。カンフル剤として機能してくれそうなエスケイプさんも、今のエンターさんの前では相変わらず手も足も出ない感じですしねぇ。


今回はパペットロイドに操られちゃったマサト先輩がメインな訳ですが、個人的にマサト先輩の過剰なまでのおふざけの背景にもっと深い理由があるんじゃなかろうかとか、あるいは今も亜空間にある本体についてまた何かしらの言及がなされるんじゃないか、とか放送前の時点で色々と想像を巡らしていただけに、見終わってすぐの時点ではちょっと物足りなさを覚えたのは確かだったりします。
まぁこれらについてはあくまで俺自身の勝手な想像に過ぎないですし、それらを抜きにして見てみると今回もストーリー自体はなかなか良かったんじゃないかな、とは思っています。ベタベタだけれども、やはりあのふざけた態度が彼自身の悲哀や苦悩を隠すためのものである、というのはやはりグッとくるものがあると思うんですよ。
それに何より、30話でマサト先輩が「ヒロム達を強くする」という自らの役目の終わりを自認する台詞を口にしていましたけれど、今回ヒロムとマサト先輩の対決によって、より明確な形でそれを強調していたのも好印象だったりします。相変わらずのヒロムの負けず嫌いなところも拾ってたり、またアクションやロケーションも非常によろしくって、もうこれだけでも「物足りないとかほんの一瞬でも思ってしまって本当にすまなんだorz」と思わせるには十分な、そんな一幕であったように感じたものです。
しかしまぁ、よく見ず知らずのお子様たちに溶け込めてたもんだよなぁ、マサト先輩とJってば。Jなんて21話以来の華麗?な虫取り網捌きを披露しちゃうし。そしてそんなJに物申すニックとのやり取りの絶妙な間もまた面白い。しかし単におふざけ一辺倒なだけでなく、指令室でのシーンではちゃんとマサト先輩の真意についてフォローを入れてたりと、決めるところはちゃんと決めてくれるのがまたニクいったらありゃしない。改めて、Jというキャラクターの絶妙さを実感させられるというものです、ええ。


前回は尺の都合で省かれた巨大戦も、今回は敵メガゾード二体まとめてという形でしっかり盛り込んできた訳ですが(バグゾードとか除くと、TVシリーズじゃ何話ぶりだろうかね、敵メガゾードが複数出て来るのは)、後半戦に入ってもちゃんと個々のマシンに見せ場があるのはうれしいところ。まぁ吸い込まれちゃったり操られちゃったりと、やはり単体では力不足な感は否めなかったりもしますが……
そしてピンチのゴーバスターズの前に現れたのは謎のライオン型マシン。唐突かつ圧倒的な攻撃で敵メガゾードを一蹴する訳ですが、しかしゴーバスターズにも攻撃を加える辺り、決して味方という訳でもないらしい。ここに来てすわ第三勢力の登場か?と思った訳ですが、はてさてどうなる事やら。


そして次回は……あらま、一瞬映ったのはベン博士?(違
先々週までのギャバン篇に続いて、今度はスピルバンとのコラボ回ですか、これでとうとうメタルヒーローも本格復活という訳ですか、兄さん(誰
……愚にもつかぬ与太話はさておき、今回クライマックスで登場したライオン型マシンの素性とかも明かされるようですし、また前回から気になっていたアニキのストーリーの絡み方等々、楽しみが尽きないところではあります……これでBパート終了直後の、容赦のないネタバレさえなければなぁ(´・ω・)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/10/17 23:52】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/217-fe6d452a

【2012/10/14 21:57】
【2012/10/15 22:22】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。