スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

今日、刑事が死んだ

 2012-09-05
……本来なら「特撮関連」のカテゴリに含めるべき記事なのですが、後半の内容が内容なだけに、結局「テレビ番組」の方に含める事に。
※「刑事ドラマ」カテゴリ新設につき、こちらに移動とさせて頂きました(12/1追記)


 ―――


今更ながらようやく『仮面ライダーウィザード』第1話を視聴。今のところ日曜朝は『ゴーバスターズ』所感に追われがちなので、当面はこんな感じで1~2日遅れでの視聴というスタイルが続くやも知れません(そして例によって『スマプリ』はさらに溜まっていく始末……;)。

とりあえずサラッと所感を記して行こうかと思いますが……全体的な印象としては「良くも悪くもいつもの平成ライダー」かな、と。ライダーで魔法使いとか、所々で異色な要素はあるんだけれども、少なくとも同じ宇都宮Pが手掛けてた『シンケンジャー』と比べると、設定やストーリー、それにビジュアルなどはそこまで異色というか異端というか、そんな感じはしなかったように思うものです。まぁその分、安心して見られるという部分もなくはないのですが。
文句なしに良かったと思える点はやはりアクション面でしょうか。作品の空気とかアクション監督が変わったとか、そういうのもいい方向に作用しているのかと思われますが、何か久方ぶりに高岩さんの動きがかなりキレッキレな感じで、長い裾を翻してくるりと回転しながらの立ち回りは実に華麗というか何というか、ともかく見ていて非常に爽快感があったものです。ここだけでも一見の価値はあるかな、と。
他方、ここはちょっとなぁという点もまたない訳でもなく。一番違和感を覚えた点はやはり「説明的な台詞が多い」という事でしょうか。各種の設定にしろ人物の背景にしろ(今回の場合は凜子のバックボーンとか、晴人が魔法を使える理由等々)、とにかくそれらを登場人物の口から語らせちゃってる部分が多くって、そこは少なからず興醒めな感があった訳でありまして。こういった部分については、出来る限り行動や演出とかで見せる方向で行って欲しかったなぁ、ともやもやせずにはいられないものです、ええ。



まだ始まったばかりなので何とも言えない感じですが、説明的な台詞が多いという点を除けば見れないものではないですし、もうしばらくは付き合ってみようかなと思います。


 ―――


閑話休題。
TVKで再放送してた『刑事貴族』、とうとう終わっちゃいましたねぇ。再放送されてるのに気付くのが遅れて、見始めた時点(6月に入ってからの事でした;)で半分以上は見逃すという体たらくではありましたが(せめて1話だけでも見ておきたかったなぁ、「牧編」は)……それでもこの3か月間は毎週火曜の夜の楽しみのひとつであった事に変わりはありません。
ネットでの反応を見てると、どうも前後の時期と比べて「風間編」の評判はあまりよろしくない印象を受けるものですが、個人的には郷ひろみ演じる風間刑事も意外とハマってるように見えましたし、また結構面白いエピソードもあったり(特に印象的だったのは順子さんメインの「危険な愛情」と、岩田とタクがタッグを組んでの「血を吸う薔薇の殺人」など。リメイク的なエピソードではあるけど「刑事たちの忙しい夜」「殺人ビデオへの招待」もなかなか面白かったです)でそこまで悪い印象はなかったりします。
まぁ『刑事貴族』を本格的に見始めたのが風間編から、というアドバンテージもあるでしょうし、また前述の通り「牧編」は全くの未見なので、そちらを見た後だとまた違った印象を抱く事になるやも知れませんが……

ここで昨夜放送の最終回についても軽く触れておきましょう。
開始10分と経たずに起こった殉職劇に始まり、本庁が絡んだコカイン横流しの件、さらには前の回の「殺人ビデオ事件」まで絡んできたりと……最初から最後まで緊張感を保った、最終回に相応しいエピソードであったなと思いますね。
色々と印象的なシーンは多いのですが、中でも泉刑事周りのそれについては群を抜いて、といったところがあったり。弟分であった岩田刑事が殉職した現場での語りとか、傷付きながらも犯人を追い詰めた際、警察手帳を投げ捨てて「もう仲間じゃねぇよ」と吐き捨てるくだりなんかはもう、見ていて胸に迫るものがある訳でありまして……後半は風間以上に目立っていた部分もある一方、婚約にまで漕ぎ着けた恋人を失う事になったり、慣れ親しんだ代官署を去らねばならなかったりと、色々苦しい立場に置かれる事も多かったのもやはり印象的でした。
そして前述の泉のセリフの後に訪れる事件の幕切れ……前もって分かっていたとはいえ、実際見てみるとやはり呆気なくも衝撃的な展開であった、という事には間違いはありません。ただ非常に印象的なシーンであっただけに、ここを見る前にやはり風間編の初回をしっかり見ておきたかった、という思いも強くせずにはいられないものです(この回での犯人に対する風間のセリフが、最終回のラストに繋がるようなんですよね)。



また機会があれば、その時は初回からしっかり通して見ておきたいものですが……流石に地上波では当分は再放送もないだろうしなぁ(1作目なんかは特にねぇ)。ソフト化も現時点では『刑事貴族3』のみのようですし、まだまだシリーズ全話の視聴までの道のりは遠いようです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/210-7f3ec708

【2012/09/09 21:49】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。