スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

失ぱ……パッパッパッ……何でもありません(キリッ

 2012-08-19
や~……ここ2週間ほど色々と立て込んじゃった所為か、そろそろ本格的に身体の方にもガタが来つつあるような、そんな気がするものです。先週なんか仕事休み1日しかないというにオフ会参加を強行しちゃったもんだから、特に足腰背中周りが非常にキビシイったらありゃしない。そして追い打ちをかけるかのように今朝は起き抜けから頭痛と来たもんだorz
でもまぁ何だかんだ言っても、やっぱり参加して本当に良かったとは思うんですけどね。小規模とは言え、長年ネットをやっていながらこの手のオフ会への参加って実はこれが初めてでしたし、また文章・イラストの両面で、創作方面に関して色々と今後の役に立ちそうなお話も聞けたのが非常に大きな収穫と言えるやも知れません。それと忘れちゃいけない、生まれてこの方足を踏み入れた事のなかったアキバを回ったのも、個人的にはなまら衝撃的な出来事ではありましたw

F1080249.jpg
(こちらは先日のオフ会での戦利品。写真には入れ忘れたけれど、『日常』の1~2巻も購入してたり)

仕事では失敗続きで微妙に凹み気味だったり、長年放置気味だった案件に今になって再び向き合わなければならなかったりと、まだまだ難問は山積みといった空気が漂ってるものですが……そんな空気を跳ね除ける!位の勢いで、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第26話の所感を書いていければいいなぁ、なんて思ったり;


それはそうと、前回から次回予告のナレーションをバディロイドの声優さんが交代で担当するようになってますね。OPのナレーションは通常通りなので、一時的な措置だったりするんでしょうかね?
 
 ―――


今回は夏休みなのに教師姿を披露したり、エンターさんにしてはらしからぬ感のあった静かなうろたえっぷりもまた、ある意味では重要なポイントと言えるやも知れません。全盛期程とまでは行かずとも久々にノリノリなエンターさんを見る事が出来てご満悦だったりする訳でありまして。とりわけ後者に関しては、記事タイトルにも引用したあの台詞なんかもう、普段のエンターさんがこんな事口走るなんて誰が想像出来ましょうかw
そんなエンターさんに認められたがりながらも(それでもチューされたがるのはどうかと思うぞ;)、とうとう最後まで「失敗作」扱いのまま存在を認識してもらえる事無く散っていったケシゴムロイド、けれども冗談みたいなナリの割に、何気に今までで一番ゴーバスターズを窮地に追い込んだのは彼だったように思うところ。サブタイで「小さな強敵!」と称されているのも納得というものです。しかしエンターさんを「おやびん」なんて呼んじゃわれるとだ、今丁度Youtubeにて配信中というのもあってか『バイオマン』のジュウオウを思い出さずにゃいられないですねぇ。
それにしても、あの能力は地味~に恐ろしいものがありますねぇ。アレが効果を発揮するのが機械限定だったからまだ良かったものの、仮に対人戦でも有効だったとしたらと思うと……特命部も完全に詰み状態になっちゃってホント、空恐ろしいったらありゃしない。シーンを重ねるごとに物忘れが激しくなってくゴリサキを見てたらなおの事、そう思えてならないものです。


……と、そんな小さな強敵に指令室もひっくるめて終始苦戦を強いられた今回のゴーバスターズ、面白かった事は面白かったんだけど……もうちょい指令室組を多めにフィーチャーしてくれても良かった気がするのは俺だけではないかな、と。とりあえずケシゴムロイドの方は彼等だけでケリを付けて欲しかったものです、ええ。
まぁそうは言ってもクロr……もとい司令のカッコよろしいモップ捌きとか、森下君の神業じみた計算の早さとか、そういったところが見られただけでも決して悪い印象はないとは思うんですけれども。仲村さんは……ホント色々とドンマイ、といった感じですな。マニュアル合体を提案してそれをしっかりアシストしてたり、催促しまくりなヒロムにプッツンしたり(ぶっちゃけた話、ここはもっと怒っても良かったと思うんだ(爆 )と、決して見せ場的には他の二人に比べて譲っちゃないとは思うものですが……う~む(;´-ω-)ゞ
で、プッツンで思い出したんだけど、今回どうも久方ぶりにヒロムの言行に些かの違和感を覚えずにはいられなかった訳でありまして。最後の勘違いオチなんかはまだいいとして、催促のくだりを含めた仲村さんへの言動全般とか、Jに言われるまでケシゴムロイドがくっ付いてたのに気付かなかったりとか(ここはJがもっと早くに指摘しとけよとか、そもそも警備システムがザルなんでねとか、一概にヒロム一人に責任を押し付けられないところもあるのですが;)……
ここ最近要所要所で成長ぶりを見せて来ただけに、なおさらモヤモヤが残るんですよねぇ。後で調べてみたらば今回は脚本が靖子さんでなかったから、その影響も少なからずあるのかな?と思ったり。


で、今回新たに登場した”とっておきの合体”「ゴーバスターエース・スタッグカスタム」はいきなりJの方から合体に入っちゃって、キャラ的には違和感がないとはいえ、これはちょっぴりビックリしちゃったものです、ハイ。背面の増加ブースターだけでなく、武器からも噴射で空を飛んじゃって何となくロケットダガーっぽいニオイも感じられたり。
しかしだ、そんなスタッグカスタムにあっさり目にやっつけられちゃった辺り、タイプδってゴーバスターオー特化型なだけで実はそこまで強くないんでは?的な疑惑が俄かに俺の中で湧き上がってきた感がありますね。そのゴーバスターオーにもエクスプロジョーンキックで破られてるくらいだから、アレだけ引っ張った割にこの扱いって一体……;
そして巨大戦におけるもう一つのみどころだった「マニュアル合体」、俺みたいに勇者で育った身としてはやはり『ガオガイガー』でのそれが真っ先に出て来ようものですが、今回はそれともしっかり差別化を図りつつ(まぁ操縦方式からしてそもそも違うからねぇ)、普段のコンバイン・オペレーション以上の難しさや緊迫感もしっかり描いてたりと非常に好感の持てるものだったように思うところ。
これで肝心のゴーバスターオー自体にもう少し魅力があれば……合体前のエースは言わずもがな、グレートの方もアレはアレで却って突き抜けた感があって悪くはないので、なおの事ゴーバスターオーの微妙さが際立ってしまうのが何ともねぇ(´・ω・)
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/207-cb0312d3

【2012/08/19 21:17】
【2012/08/20 07:34】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。