スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

コマンタレブー、マダム?

 2012-06-03
前二回に引き続き、今回のメタロイドの声の人もまたSTA☆MENからなんですってね兄さん(誰 基本ダウナー系でキレるとなまら怖い、ってなキャラはありがちっちゃありがちではあるのですが、あの気怠そうな感じの丁寧なしゃべりは、個人的にはなかなかツボだったりするのです。
そんでもってまた次週もSTA☆MENからだそうで、このままの勢いだと後4人も連続で来たりするんでしょうかね、いや流石にそりゃないかと思い直しつつ、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第15話の所感なんぞを一つ。例によって今回も余裕なさげな状態故、ひとまずマサト先輩とJ(後、エンターさんも)に関してのみ、ちゃちゃっと記しておくに留めておきます。他の面々については、多分また明日以降追記入れてく形になるかと。




……あぁそうそう、ソウジキロイドの顔が何か既視感あるよなぁと思ったらば、『ダグオン』の初回に出て来たサンドール星人? がまさにあんな感じの顔だった気がします。菱形の目が縦に並んでてね、流石に4つもなかったとは思うけれど。
 ―――


前回出番なしだったエンターさんですが、今回はいつものカッコの上にエプロン姿、なんて笑撃的なスタイルでスタイリッシュに家宅侵入、というやはりトレビア~ンな行動で、前回の分もひっくるめて笑いの殆どを掻っ攫ってっちゃった、そんな感があります。
まぁ、それ以外では例によってマジェスティからカミナリ落とされたり、やっとこ取り次いでもらった「創造する者達」からはエネトロン漏出しちゃってると言われて腑に落ちない様子だったりと、あまりトレビア~ンな様子とは言えませんでしたが。前回に引き続きまたエネトロンの確保にも失敗しちゃったしねぇ。


さてさて、今回は前回ラストで顔見世を果たしたあの二人――マサト先輩とJがいよいよ本格的に活躍、と相成った訳なのですが……いや~、本当にちぃ兄の人だわ。多少老けててかつビミョーにたかみー入っちゃってる感もなくはないけど(爆
司令を「クロリン」と呼ばわったり、ヒロム達の前で初めて素顔を晒した際の言動といい(ちなみにこの場面でJにお姫様抱っこされながら「また会おうぜ~♪」と去っていくくだりは、前述のエプロンエンターさんに及ばずとも笑いをこらえずにはいられない、そんな迷シーンだったように思うところですw)、前回ラストの時点でもそうでしたが何ともノリの軽~い感のあるキャラクターなようですね……あまりの軽さ故に、ヒロム達からは敵の罠でないかと疑いをかけられる始末、まぁここまで度々出し抜かれる事が多かっただけに、それも致し方ない感もなくはないですが。
とは言え、そんな軽さの中にもちゃんと「完璧さを求めず、ダメなところをも面白いとする」という、マサト先輩なりの一本通った信念というものはある様子。今回のエピソードを視聴する数時間ほど前に『ウインスペクター』36話を視聴していたというのもあるのですが、やはり心をもったロボットというのは、こうしたファジーさをも愛するというか楽しむというか、そういう精神が作り手の側にあってこそ、初めて作り上げられるものなのかな、なんて思わされたものです。
そこでやっとこ3人の信頼を得るのかと思いきや……ソウジキロイドがせこせこ集め回ってたエネトロンをかっぱらいにかかったりと、やはり一筋縄じゃ行かなさそうな感がビシビシ伝わってきますね。


でもってそんなマサト先輩のバディ、いやスーパーバディと呼ぶべきなのか? なJはとにかく相棒の前へ前へと出たがるようで、何かアンタもう逆デューク東郷かなんかじゃなくって?と、こちらまでツッコみたくなってくるというもの。そんな姿勢をマサト先輩にツッコまれてなお「問題ない」なんてサラッと言ってのけちゃう辺り、やっぱりマサト先輩のバディなんだなぁと妙に納得せずにはいられないものです。
そう言えばJに関してひとつ、顔の目元の辺りのデザインがニックのそれに近いのが妙に気になったものですが、これってニック達のデータを元にJが造られたのか、あるいはその逆だったりするのか、そんなところなんでしょうかね?
そしてマサト先輩と同様に、Jもまた銀色のニューフェイス・スタッグバスター(シルバーとメタリックブルーを基調としたスーツのデザインが、変身前とは対照的なスマートなフォルムと相俟って実にカッコいいんだ、ホント)に変身する訳なのですが……見れば見るほど訳が分からなくなってくるのよね、あの変身シークエンスって。Jの外装の一部がビートへ移動してるようなんだけど、Jが変身してない時もちゃんとビートの方に外装はあるし、またその外装も移動前後で微妙にデザインが違ってたりするしで、最早何が何やら、頭がこんがらがって来そうです;


前述の通りエネトロンをかっぱらうという行動に出たマサト先輩とJ、これでヒロム達や司令からはまた不信感を持たれそうな雰囲気ですが……予告を見るに、これもやっぱり新バスターマシンに絡んでの行動だったりするんでしょうね。
しかし8話で設計図が出てから早2か月、ここでようやくお目見えと相成る訳ですけど、果たしてどういった経緯でヴァグラスの元から彼等の手に渡るんだろうか、そこが非常に気になるところです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/188-97e7a180

  • 特命戦隊ゴーバスターズ 第15話「金の戦士と銀のバディ」【ひびレビ】
    特命戦隊ゴーバスターズ 第15話「金の戦士と銀のバディ」 黒木司令を「黒リン」と呼ぶビートバスター。変身を解除したその正体は・・・ビート・J・スタッグ、邪魔ww 一方その頃、リュウジの思い出コレクションをばらまいてしまったゴリサキ。いつか懐かしくなる物だ...
【2012/06/05 07:44】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。