スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

お前音痴だろ(`・ω・)

 2012-05-20
放送開始前、STA☆MENがEDを担当すると聞いて以来「メンバーの中から誰か一人か二人くらいは出演あるんじゃない?」なんて思ってたものですが……やはりというか何というか、今回(と、次回)のメタロイドの声で諏訪部さん出てきましたねぇ。しかしチューバロイドIのアレ、どうにもジャイアンリサイタル思い出されて仕方がないんだよなぁ、ご丁寧にも「ボエ~ッ」なんて言っちゃってるものだからなおさら;
ぼんやりとそんな事を考えつつ、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第13話の所感をば。クールの変わり目にして初の前後編で、色々と物語も大きく動き出しそうな気がしますが……果たしてどうなることやら?



話は変わりますが、先週は結局ゴーバスターズの所感だけしか更新出来ずに終わってしまったのが痛いなぁと。最近は曲がりなりにも週二、三回更新はキープしていたので、相変わらずの忙しない状況があるにしてもちいとばかし気を抜きすぎてたきらいがあるやも……と反省ひとしきりです。
コメントへの返信も遅れちゃってますし(こちらは今しばらくお待ち頂ければ幸い)、今週からはまた再び気合を入れ直して頑張っていかねばなりませんね。

(5/21 20:18 一部追記)
 
 ―――
 
 
ここまででもおいしいところを持って行きまくりだったというに、今回もまた一段と濃い存在感をアピールしていたエンターさん。シリアスそのものだったマジェスティとのやり取りの後、パンダの着ぐるみ姿でステップ踏んで「ボ~ン、ボンジュ~ル♪」なんて出て来られて吹かずにいられようものか!(爆
CM明けの一連のシーンも、手前に脱ぎ捨てられた着ぐるみと相俟って実にシュールな印象。鼓笛隊の帽子を頭に乗っけたままチューバ吹いてたり、帰って来たチューバロイドIの報告に不満げな様子で向こう脛蹴っ飛ばしたりと、相変わらずの絶好調ぶりにはただただ舌を巻く外ありませんて。

とは言え、今回は流石に愉快なだけではいられないようで。先のマジェスティとのやり取りではさらなるエネトロンの確保(しかしエンターさんの台詞を鵜呑みにすれば、新型メガゾードはどんだけ燃費悪いって話なんだろうよと)を厳命されて渋い顔を見せるところは、中間管理職の悲哀というものを感じずにはいられないというもの。
作り出したチューバロイドIも、一見愉快そうなキャラに見えて鼓笛隊っぽいお出ましの仕方がやに恐ろしげだったり(バックに悲鳴が聞こえてくる演出がより一層怖さを引き立たせてるように思います)するのが、彼等の本質を表してるかのようでハッと我に返らされるものです。



それにしても今回、サプライズツアーを成功させようと頑張ってたヨーコのカワイイこと! 下手したらば前回よりもかわいく感じられるような気もしないでもないかな? 私服姿も年相応なかわいらしさで素敵だけれど、個人的には後半遊園地内を捜索している際の、私服の上からいつものベルトを締めてる姿が密かにツボだったりしますね。
カワイイと言えばバディ達もまた同様、特にウサダに関しては動物園ですねてるところとか、「自分で動かさなくていい乗り物に乗りたいの~!」なんて遊園地到着時のセリフとか、何かこうイチイチ愛くるしいったらないのです。ちなみにこのくだりで不意に思い出したのですが、ウサダって黄色でシニカルなヤツという共通点を持ちながらも『ガオレンジャー』の岳(と書いておきながら、イマイチこの表記には馴染めなかったり;)とは対照的なんだなぁと。あちらさんは「自分で操縦できない乗り物が苦手」だったんですよね、確か。
他の二体も、ニックは相変わらずの方向音痴ぶりや細かな所作(遊園地に着いて自分の番かと思ったらば、実はウサダの番で思わずガックリ、なとことか)がナイスでしたし、ゴリサキもゴリサキで、ヒロムから「お前(ゴリラに)そっくりだな」と言われてどうもどうもと照れてるのが微笑ましい。

ここでヒロムの名前が出て来たので彼についても少し。今回は脚本が靖子さんだったのもあるやも知れませんが、結構個人的にはいい印象だったりするものです。前述のゴリサキとの会話や、記事タイトルにも引用したチューバロイドに対するツッコミなんかも如何にも彼らしくってグッドなんだけど……とりわけ印象的なのは後半、意気込むヨーコへ「無理だな」と一蹴するところでしょうか。
ぶつけたのは正論だけれども、そこでしゅんとしてしまうヨーコを見てバツが悪そうというか気まずそうというか、そんな様子を窺わせるところが彼のどこか不器用な部分を端的に表しているようで好感をもてたんですよね。細かいけれど、ここがあるだけで「単に無神経」でなく「どこか不器用」と感じられる、非常に重要なポイントであるように思うのです。



しかし司令もどこへ行ったのやら……と思ってたらばなんとその先はマジェスティ空間(仮)!? あのシーンから司令=マジェスティと見るのは一寸安直過ぎるとしても、やはり亜空間絡みで何らかの事実を知り得ている事だけは確かなのやも知れませんね。
チューバロイドIの超音波に隠された真の意味といい、IIの出現でピンチを予感させる引きといい、何より予告にて出て来た謎の二つのシルエットといい、とにかく次回がとても待ち遠しく思えてならないものです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/184-b088f5e2

  • 特命戦隊ゴーバスターズ 第13話「サプライズな休日」【ひびレビ】
    特命戦隊ゴーバスターズ 第13話「サプライズな休日」 何やらメモとお菓子を用意してどこかへ向かったヨーコ。そこで待っていたのはヒロム、リュウジ、バディロイドたち。今日の特命は、ヨーコによるサプライズツアーに参加せよ! そんなわけで一行が向かったのは動物園...
【2012/05/21 08:35】
  • まとめtyaiました【お前音痴だろ(`・ω・)】【まとめwoネタ速neo】
    放送開始前、STA☆MENがEDを担当すると聞いて以来「メンバーの中から誰か一人か二人くらいは出演あるんじゃない?」なんて思ってたものですが……やはりというか何というか、今回(と、次回)のメタロイドの声で諏訪部さん出てきましたねぇ。しかしチューバロイドIのアレ?...
【2012/05/21 12:43】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。