スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

興奮冷めやらず

 2012-04-11
例によってリアルタイムで視聴せず(っつうか、出来ず)に録ったまま状態だった『謎の彼女X』第1話を今しがた視聴完了。いやもう何ちゅうか本中華、噂に聞いてた通りの、いやそれ以上の変態っぷりだわこの作品は。あぁもちろんこれ、最大級の賛辞だったりするのです、ハイ。


いやに早々とした、それでいて色々と強烈極まりない展開(枚挙に暇がないけれど、椿君のアプローチを受けての卜部さんのよだれどばぁ!なあのシーンは思わずウェッ!?(;0w0)そ、と面食らいましたとも)の連続で、率直なところ1話で伝えようとしていた事のどれくらいを俺は理解出来ているのか、ともすれば置いてかれてるんでないのか、実際のところ分からなかったりするものですが……
ただひとつハッキリ言えるのはこの作品、嫌いじゃないわッ!(某NEVERの人調に)って事でしょうかね。良きにつけ悪しきにつけ、諸々の意味でここまで背筋がぞくぞくさせられるような作品なんて、アニメにしろそうでないにしろ数年来、お目にかかった事ないぞと。
内容以外にも、絵柄の事とか卜部さんの声の事とか色々と取りざたされてるようだけど、個人的にはどちらもそう悪いものではないと思いますしねぇ。まぁ教室で唐突に笑い出す場面だけはちょっと難でしたが、それ以外は許容範囲内かと。むしろあの感じが却って「謎の彼女」な感じを醸し出してるような気がしてこれもこれで嫌いじゃないわッ!(ひつこくってすまなんだ;)と思うのです。
全くもって万人受けしなさそうな、っていうか引く人多そうな作品であろう事に俺も異論は唱えませんが、個人的にはこれを視聴しようという俺の判断に間違いはなかったと思ってます。例え前クールの『日常』(再編集版)と同様、半ば山を張ったも同然な判断ではあれども……いずれにしましても次回以降も視聴継続で決まりです。


……よだr、じゃなかった余談ながら、椿君のお姉さんの声をどっかで聴いた覚えがあるなぁと思ったらばそうだ、フォーゼ終わった後のジャンクションで毎回聴いてたのでした。もう前回の時点で話数も二桁乗っちゃったし、そろそろ『スマプリ』の方も手を付けてかないとなぁ……;


 ―――


上で名前が出て来たついでに『日常』についても軽く。
結局録り溜めた分を消化出来ぬまま放送期間は終了してしまいましたが、それでもどーにかこーにか11話までは進みました。泣いても笑ってももう次で終わりなのが、冗談抜きで寂しいものがありますねぇ……(´・ω・)
再編集版故なのか、OPで出て来たのみで本編に殆ど絡んでこない、また出て来ても1回ぽっきりなキャラがいたりするのがちょっともやっとする(後の方でちょこちょこ出番があったとはいえ、笹原先輩なんかも長い事出て来なかったよなぁ)ものですが、内容自体は見始めの頃に言及してた「話の混線っぷり」を「これはそういうもんなんだな」と割り切ってしまえばもう実に面白いもので、それでいて所々共感出来る部分もあったりで充分楽しめる作品だったと思います。まぁそうでなきゃ前述のように寂しいとは感じられないというものです。
後どうでもよろしい話ですが、作中で大工コーヒーとか大工ストアとか「大工」と名の付く店とか色々出てきますけど、あの辺って「大工」さんが多く住んでる土地だったりするんだろうか?とか思ったり。


そして結局最初の頃から気になったままの「なのの背中のネジ」、結局最終回までに何か突っ込んだ言及とかなされたりするんかなぁ……とかぼんやり考えつつ、ここらで話を締めてみる。


 ―――


……とか何とか云ってたらば、何とまたしても再放送あるって話じゃないですか兄さん(何

日常 : 話題のアニメがファンの声で急きょ再放送決定 6月にEテレで(まんたんウェブ)

なんかそこまで人気あったんだ!?と驚く一方、いずれにしてもこれが朗報である事だけは確かな訳でありまして。この際どうせなら今度はオリジナル版で……と思わないというと嘘になるけど、再編集版でも十分楽しめた口なのでこの際後者になろうが文句は言うまい、多分;


(15:04 再放送について追記)
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/170-8529d04f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。