スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

バスターズ レディーゴー!

 2012-02-26
いやぁ、まさかのっけからあそこまでスゴイものを見せてくれるとは思わなんだ……
という訳でいよいよ始まりましたね、『特命戦隊ゴーバスターズ』が!
まだ上手く頭の中で整理できてない部分もありますが、とりあえず暫定的に感想を記しておきましょう。
 
 
 ―――
 
 
シリーズ35作目の節目となる作品ではありますが、今回は同様に節目の作品だったガオレンやボウケンと比べるとそこまで記念作品、という点を前面には押し出していないような、そんな印象。でもその分ちゃんと中身で勝負!なところは開始早々からしっかりと伝わってきましたとも!
色々毛色の変わった演出の所為もあるでしょうしまた、実際に「お約束」とも言えるポイントを外してきているからか、「戦隊らしくない」という声もあちこちで聞かれるものですが、けれどもストーリーを含め、よくよく見ているとちゃんと戦隊をやっているなと思えますし、決してそこまで異質という訳でもないように俺としては考えています。
また所々分かりにくいかな?と思われる用語や設定もあれど、敵味方の目的など基本的なところの説明はちゃんと押さえて来ている(新人オペレーターの子に対するウサダの語り、という形で視聴者へも基本設定を説明しているのはなかなかいい感じやも)辺りには好感が持てますね。そちらの説明に重点が置かれたからか、それに比して登場人物の人となりの説明が弱く感じた面もありますが、そこは次回以降追々描かれて行く事に期待しましょう。でもウサダのウザったさ(こんな風に書いてますが、個人的には好きな感じです)とゴリサキの心配性なところは、十二分に伝わってきたかな?
そしてなにより気になっていたのが巨大戦などの特撮パートですが……いやぁ、ああいう迫力ある映像を戦隊で見たかったんですよ!
冒頭のメガゾード軍団の襲撃からして(時節柄なことも含めて)よくやるもんだと感心したものですが、後半、ゴーバスターエースの初陣に至ってはもう……東映さんの本気というか底力というか、そんなものを実感させられたものです。欲を言えばバスタービークルからエースへの変形シーンをもうチョイじっくり見せて欲しかったなぁとも思うのですが、あれだけのものを見せられた後では、そういう不満も些細なものと思わされます。



とりあえず掴みはバッチリでしたし、戦隊の初回としては個人的にここ5年、いや10年間でも随一の出来だったように思う次第。
ただまぁ、始まったばかりでまだまだ未知数な部分もありますし、例によって今回のクオリティが最初だけとなるやも知れないという不安もなくはないのですがしかし、それ以上に期待に満ちた滑り出しだったと確信していますし、来週以降がとても楽しみである事に間違いはありません。
まさかのシリーズ休止から1年を置いて、今ここに再始動を果たしたスーパー戦隊がどこまで期待に応えてくれるのか、俺としては本っ当にこれからの1年が楽しみで仕方ないですね(*´∀`)b
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/153-4204e355

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。