スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

勇気ある戦い(笑)

 2011-09-07
残暑厳しい上に不安定な天気の中、皆様如何お過ごしでしょうか。
かくいう俺は前年同様、今週末から3、4日程遅い夏休みを取らせて頂く予定なのですが、それを目前にして非常に精神的に辛い状況が続いている感じですかね。
作品の方も『ブレイジャー』Mission.01を突貫で書き上げた反動からか、ペースがやや落ち気味な感じではあります。まぁそれでも以前のような長期停滞とならないよう、ちょこちょことは進めてはいるのですが。でも『ボーディオン』、アレが完璧に止まっちゃってるのよね;


時に、今週よりスタートしました『仮面ライダーフォーゼ』、デザインの奇抜さとかは脇に置いても(そんなの今に始まった事でないでしょうしねぇ)、色々と不安な点(相変わらずの名前遊びとか、校内の派閥設定等々)はあったのですが……とりあえず1話を見た限りではまぁ、大丈夫かなぁといった印象は持てた感じです。
これで「最強フォームの弱体化」という最大の悪習さえ解消されればいいんですけどねぇ。マジレンジャー以来、塚田Pが関わった作品に共通してこの悪習が継承されてる訳ですが、今回こそは是非!それをスパッと断ち切って頂きたいものですね。
で、個人的に前々から思ってたのですが、この1話を見て確信した事が一つ。

……坂本監督はやっぱりライダーの方が向いてるよなぁ(爆

まぁ戦隊の方はゴーカイジャー一作しか今のところ手がけられてないし、パワレンとかウルトラなどでの仕事はあまりチェック出来てないのでまだまだ判断は早計なのやも知れませんけど、少なくともゴーカイで少なからず感じられた違和感というものが、フォーゼ1話とかではかなり気にならなかったんですよね。

……いずれにせよ、今後のフォーゼにも注目していきたいものです。


―――


さて、記事のタイトルでおや?と思われた方もいるやも知れませんが。
なぜこのタイトルなのか、その理由は続きを読む、よりどうぞ。多分分かる人には絶対分かるはずかと。
 
 
さて、どうでしょうClassic@TVK&テレ玉は今現在「マレーシア・ジャングル探検」の真っ最中だったりします。個人的に、初見だった昨年夏の時点ではそこまで惹かれる企画ではなかったものの、最近再び録画分を見直して「おや、これやたら面白いんじゃなくって?」と感じてしまったのがきっかけで、今となってはこちらも好きな企画の上位に食い込む勢いの企画だったりするのです。
ちなみに今週がその第4夜(テレ玉では今夜放送!)なのですが、この回と直前の第3夜がこの企画の最大の山場と言っても過言ではないかと思う訳でありまして。何と言ってもみどころは動物観察小屋「ブンブン・バラウ」での一夜。そこに至るまでの道中(第3夜)といい、大泉君のボヤキっぷりといい、そして何より深夜に発生した”あの事件”等々……
でも俺個人的に一番のツボだったのは「”沈着冷静”なミスターの行動」(以上第4夜)を置いて他になかったりするのです。まぁあの場に居合わせた当人たちからしてみればホント笑いごっちゃないんでしょうけれど、その真剣さゆえにより一層、笑えるものになってると思うんですよねぇ。

以下、例の如く印象に残った台詞などを一部抜粋。


大泉君 「拷問だ
     「(前略)オレはついこの前まで日々まじめに生活してたんだよ、日本でさぁ、雪の降る札幌でさぁ…
      それが何だよ、朝起こされたと思ったらさぁ、ちょっとウトウトっとしてたらもう来てたんだよここにさぁ…
      マレーシアまで連れて来られてたんだよ
(後略)」
     これは何だ?観察の刑か?えぇ?
    何か悪いことして観察の刑に処されてるのか?
(後略)」




嬉野D 「こいつトラだよアレ!
     「トラだって!あんなデッカいネコいないって!
  
ミスター「火とか焚いた方がいいんじゃないの?
大泉君「なにやってんだよ、そこでライター燃やしたってしょうがないだろ

ミスター「ちょっと、冷静…沈着冷静に!
     「万が一の場合に…バリケード作る

藤村D「冗談じゃ…冗談じゃねぇぞオイ!
嬉野D「出なくていいって!ウチらそういう番組じゃないって!

嬉野D「あっ!シカだ
    今僕は捉えました、ツノを
    シカでした



藤村D「ミスター…冷静沈着にバリケード作ったね

大泉君「沈着冷静になんつって…なにをそんなスポンジを立てかけてんだよ



……やはりあの絶妙な間を文章に書き起こすのはムツカシイものがありますね;
興味を持たれた方はDVD第10弾に収録されてますので、そちらをチェックしてみるといいかと。
今回取り上げた第4夜のブンブンでの一夜以外にも色々みどころは満載ですよ(個人的には企画発表や大泉君のモノマネ、洞窟探検などがツボでした)。
ちなみにDVD第10弾にはもう一つ「東京ウォーカー」という企画も収録されているのですが、こちらも俺的には非常に好きな企画のひとつでありまして……機会がありましたらこちらの方にも触れてみたいところです。


―――


そう言えば、俺がどうでしょうにハマりだしたのって2年前の丁度今頃だったんですよねぇ。まだblogが開店休業中で、他所での活動がメインになっちゃってましたっけね、あの頃は。
ちなみに最初に視聴したのがMXテレビで放送されてた「サイコロ2」の第1夜。厳密に言えばその前の週にテレ玉で「札幌-博多深夜バスだけの旅」の1夜目か2夜目をチラッと目にしてたので、きっかけとしてはそちらの方になるのやも知れません。
あれ以来色々な企画に触れてきましたし、また行ける範囲ではありますがどうでしょうゆかりの地にもいくつか足を運ぶ事もありましたが……やはり筋金入りのどうでしょうファンの諸兄と比べればひよっこもいいとこなレベルだろうとは思います。そんなレベルの俺が、こうやってどうでしょうについて語ってよいものやら、と思う事も時たまあります。


ただまぁそれでも、どうでしょうを好きな俺がいるのもまた事実。この番組を好きでいられる限り、肩肘張らずにどうでしょうの事を書いていければなとは思っていますので、今後もお付き合い頂ければ幸いです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://zweidaybreaker.blog115.fc2.com/tb.php/123-16b696bc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。