スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ゆめうつつ

 2012-07-30
梅雨も明け、夏真っ盛りな今日この頃。そんな夏の定番の一曲として数えられるであろう、井上陽水氏の『少年時代』なのですが……個人的には正直、あまりいい思い出がなかったりするんですよね。
その昔事故に遭った時の事を思い出される、というのもあるのやも知れないし、またなんて言うんだろうな、この曲の曲調が夏という季節が持ち合わせている”一抹の寂しさ”というか、そういうのを強調しているようにも思えたりする、というのも理由に数えられるのかな、なんて思うところ。まぁ後者についてはあくまで、個人的な所感のひとつにしか過ぎないのですが……
ちなみに井上陽水氏の曲でもう一つ、これまたあまりいい思い出がないものとして『夢の中へ』ってのがあります。こちらは主に学生時代、とりわけ小中の頃の記憶に密接してるところが大きいのですが……あの頃の思い出したくない記憶が蘇ってくるときに限って、この曲が頭の中を駆け巡るのよね(´・ω・)


……ここまで散々に書いておいて何ですが、別に陽水さんの曲の全部が全部いい印象がない訳じゃないですので、そこはどうぞご留意の程を;
長々とした前置きはさておき、先に「夢の中へ」と書いた繋がりという訳でもないけれど、今回は俺が見た夢についての、ちょっとした話なんぞをひとつ。

 
 ―――


大体夢って目が覚めると覚えてない事が多くって、それこそ俺の場合なんかもう片手で数えられる程度でしかない訳なのですが、そんな俺でもごく稀に強烈に印象に残る夢を見ちゃったりする訳でありまして。例えば、

――ふと口を開こうとしたらば、上の歯と下の歯が乱杭歯みたくなっちゃってて、それがガッチリと噛み合って離れなくなっていた。引き剥がそうとうんうん唸りながら上顎下顎に手をかけて、思いっきり力を入れてやっても全く離れない。しかもその度に歯茎には激痛が走って辛い事この上ない。
そうして何時間か格闘してとうとう引き剥がしたかと思ったら、殆どの歯はバリバリと抜けてしまって、抜けた跡からは血がダラダラ出っぱなしで止まらずにいるわ、それまでと比べようもないくらいの苦痛に見舞われるわで、とにかくのた打ち回らずにはいられないのであった。


やもうホントね、自分で書いてても本っ当に痛々しいったらありゃしないですね。しかもこれのさらに辛いのが、この夢を見たのが一度やそっとじゃぁないというその事。覚えてるだけでも3~4回位は見てるんじゃないかな?そりゃ、昔っから歯に関しては色々と悩まされた事もあります(前述の「事故」の時も然り)し、多分にその辺りの心理状態が反映されてるんじゃないかと思うのですが……もうこの手の夢だけはこりごりというものですって。



かと思えば、こんな夢なんかも見ちゃってたり。これはつい先日の話なのですが、

――ある日、渋谷辺りで家電量販店とも図書館ともつかぬ、そんな施設を見て回っていたのだが……一通り見て回って外に出て、しばらく歩いた先でふと気づいたのである。財布もカバンもどこかに忘れて来た事に。そしてふと目に飛び込んできた電柱の住所表示には「業平」の文字が。
……ちょっと待った。仮にその「業平」なる場所が「業平橋」とか、墨田の辺りの事を指しているのだとしたら、その位置関係は果たしてどうなってるのだろうか。渋谷から業平橋まで、単純計算でも三時間は優にかかるはずなのだが、歩いていたのはたったの十数分程度。全くと言っていい程計算が合わないのである……
ちなみに財布とカバンは件の施設に取って返して(言うまでもないが、戻るまでにかかった時間もやはり十数分程度である)無事に、それもあっさりと発見。中身も当然の如く無事で、もう何が何だかさっぱりという、そんな気分に囚われるのであった。


……もうどこに山があるのかオチがあるのか、全く訳の分からない夢ですね。どうしてこういうのが印象に強く残っちゃったのか、今でも殆ど分からず終いだったりするものです。まぁ夢というものにそんなものを求める事自体、ナンセンスと言えるのやも知れませんが……
ちなみに、前出の業平という地名がかの東京スカイツリーの周辺地域である、という事実を知ったのはこの夢を見た後の事だったりします。個人的には業平であるという以上に、押上の辺りというイメージが強かったのよね。夢の中では突然何の脈絡もなく出て来た地名ではありますが、もしかしたらば東京スカイツリーのニュースとか、そういうので無意識の裡に頭の中にその名前だけが残ってて、それが夢の中で反映されてしまってたのかな、とも思ったり。


 ―――


気が付けば例によってとりとめのない文章となっちゃってて、自分でも何書いてるんだか分からなくなってる感がなくもないのですが、ひとまず今回はこの辺で。もしかしたら、書いてる間中も寝ぼけまなこだったりするのやも知れないね;
この他にもいくつか印象に残った夢はあるものの、それらについてはまた気が向いたら……という事にしておきましょう。
スポンサーサイト
タグ :

不死身のアバター…?

 2012-07-29
いよいよ先週から開幕しましたロンドン五輪、と言っても個人的にはあんまり実感が湧かないというか、関心が向かないというか、そんな感じだったりするんですけどねぇ;
そんな五輪開幕で湧いている時に、Youtubeで配信中の『メタルダー』では、五輪出場を巡っての凄絶な過去を背負ったバーロックがメインのエピソードが来るとはまた……これを単なる偶然と取るべきか、はたまた因縁めいたものを感じるべきかは脇に置いておいても、なかなかに感慨深いものがあります。
それにしても、今時分だったらバーロックの声もスーアクの方が担当されるんかなぁ、なんてどうでもよろしい事を考えたりしつつ、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第23話の所感でござる、なんて言ってみたり。



……今回の巨大戦でのマサト先輩の奇策にはおおっ!と唸らされたものですが、これって何気にテレビの前のお子様方の夏休みの自由研究のヒントも含まれてたりする、なんて思えてしまったのは俺だけだったりするんでしょうかね、恐らくは。

不死身のアバター…? の続きを読む

四半世紀記念シリーズ 第6弾

 2012-07-28
写真は何とか揃って、後は文章を書くのみだというになかなか筆が進まずにいる、そんな状況が非常にもどかしいものです。早いところ紹介したいなぁという気持ちはあるのですが、如何せん折角の頂き物なんだからとにかく気合い入れてかからないと!なんて思っちゃって、その気合いがやに空回りしちゃってるのがまた何とも……;

BDSD_027.jpg

……待たせっぱなしというのも何なので、ひとまず紹介記事用に撮りながらもボツとした一枚を。月内までには何とかアップ出来るよう、頑張っていきたいところですね。


 ―――


さてさて、今回も前回の引き続いての『超人機メタルダー』25周年記念シリーズの記事となりますよ。前回、ビックウェインからガマドーンまでの紹介で終わりましたが、今回はその後の2週間でアップした分を掲載します。2週間分とは言いましたが、ボリューム自体は前回と実は変わらなかったり……

026_MukimukiManSD.jpg
◆ヨロイ軍団 中闘士ムキムキマン◆

027_FuufuuChuSD.jpg
◆ヨロイ軍団 中闘士フーフーチュウ◆

028_ZakemborSD.jpg
◆モンスター軍団 激闘士ザケムボー◆

029_BarberySD.jpg
◆機甲軍団 雄闘バーベリィ◆

030_StrobeSD.jpg
◆機甲軍団 激闘士ストローブ◆

031_XargenSD.jpg
◆戦闘ロボット軍団 烈闘士ザーゲン◆

032_ChuboSD.jpg
◆ヨロイ軍団 暴魂チューボ◆


前回の記事にて「あるちょっとした試みを突発的に思いついた」と記しましたけれど、ムキムキマン~ストローブの5人は”そのちょっとした試み”の産物だったりするのです。丁度ガマドーンをアップした次の週の水曜、7月18日が劇場版の公開日だったので、それに合わせる形で”特別編”と題してその州の日曜から5日連続で、これらの軍団員をアップしていたんですよね。
通常のスケジュールに組み込めないこれらの軍団員をどこかのタイミングでまとめてアップしよう、という考えは当初からあったのですが、劇場版に合わせてというところまでは流石にギリギリまで決まっていませんでした。本当に、Youtubeでの配信開始とそれに触発されての作業の進捗の速さがなければ、まず実現は叶わなかったであろうと今でも思うところです。
まぁ作業は早々と進んだとはいえ、流石にザーゲンも併せると6日間、連日定時でのアップは非常に骨の折れるものがありましたねぇ……ここ最近、特に夕方になって眠気に襲われる事もしばしばでしたし。我ながら、本当によく頑張ったよなぁと自分で自分をほめてやりたい、そんな心境だったりします。


いよいよスケジュール的にも折り返し地点というところで、来週再来週は本放送時では休止だったりしたようなのですが……そこで一旦インターバルを置くべきか、はたまたこの機会にまた通常スケジュールに組み込めない軍団員をアップするべきか、そこが悩みどころだったりします。
もし後者を選択するならば、アップする軍団員は実は既に決まってたりする(もっと言えばラフスケッチ段階までは進んでたり;)のですが……むぅ、如何したものでしょうね?

四半世紀記念シリーズ 第5弾

 2012-07-23
や~……この状況はよろしいんだかそうでないんだか;
このblogでも折に触れて名前が出て来てるYoutube東映公式アカウント、そこでの配信作品が先月末~今月にかけて大幅に入れ替わった訳なのですが、週を追う毎に視聴対象が増えていって少々、いやかーなーり時間のやりくりに四苦八苦しちゃってる状況だったりするのです。先々週の『ゴーバスターズ』所感にて記した「そうも言ってられない事態が待ち受けていた」というのは正にこの事なんですよねぇ。しかもあの時からさらに状況は深刻になって来てるという……(´・ω・)
参考までに、現在視聴中の作品は以下の通り。

・宇宙刑事シャイダー
・超電子バイオマン
・超人機メタルダー
・特救指令ソルブレイン
・恐竜戦隊ジュウレンジャー
・超光戦士シャンゼリオン
・救急戦隊ゴーゴーファイブ
・轟轟戦隊ボウケンジャー

……視聴を始めた頃は大体3~4作くらいだったのが、何時の間にやら倍くらいにまで増えちゃってますね。ニコニコで配信中の分も含めるとどれだけの数になるのやら;
未見だったり中途半端な形での視聴に留まってた昔の作品を見る事が出来る、そんな機会に恵まれたのはいいのですが、如何せん余裕がなぁ……「贅沢な悩み」というか「嬉しい悲鳴」というか、そんな言葉が頭を過るものです。
まぁ色々と書いてきましたが、何はともあれ『メタルダー』の配信がスタートしたのは素直に喜ぶしかないでしょう!好きな作品ではあったものの、これまで中途半端な形でしか視聴出来ずにいたが故に、今回の配信でよりしっかりと、『メタルダー』という作品の魅力を味わえれば……そのように考えているところです。


 ―――


で、そんな『メタルダー』の配信スタートでますます火が付いたのが、Pixivにて進行中の「25周年記念シリーズ」。まぁより鮮明な映像で本編を参照してみると、過去のイラストにおけるディテールの見落としや解釈の間違いだとか、そういうものも浮き彫りになってくるのが辛いところですが、それでもそんな辛さを上回るくらいにモチベーションが高まってくるのもまた事実な訳でありまして。
既に前回の更新からは2ヵ月も過ぎてしまいましたが、丁度放映スケジュール的に作品が折り返し地点に差し掛かる今週のうちに、これまでのアップ分をこちらでも掲載していこうと考えてます。まず今回はその前半戦という事で、11話~17話までの分を掲載していきましょう。

019_BicWeinSD.jpg

◆戦闘ロボット軍団 元・豪将ビックウェイン◆

020_WisdomSD.jpg

◆奴隷女ウィズダム◆

021_HidomanSD.jpg

◆ヨロイ軍団 暴魂ヒドーマン◆

022_WoggerSD.jpg

◆ヨロイ軍団 雄闘ウォッガー◆

023_HedglosJrSD.jpg

◆ヘドグロスJr.◆

024_CrossRunderSD.jpg024_CrossRunderSD2.jpg

◆戦闘ロボット軍団 暴魂クロスランダー◆

025_GamadoneSD.jpg

◆モンスター軍団 雄闘ガマドーン◆


この時期もなってくると慣れとかも出て来て最初の方と比べるとそこまで苦労せずに済むようになった……訳がなく、やはり毎週のように苦戦を強いられていた印象が強いですね。特にウィズダムやJr.それにウォッガーなんかは資料の乏しさや色合いの難しさ等がそれまで描いてきた他の軍団員の比でなくって、恐らくYoutubeでの配信が始まらなかったらもう、心底気が滅入ってたやも知れませんね(´・ω・)
反面、ノリに乗って描いてた時というのは(クオリティ的にはともあれ)それなりに満足の行く感があったりするもので、配信開始直後に描く形となったクロスランダーなんかはその最たるものと言えるやも知れません。
上にもあるように、タグ兄弟をアップした時と同様に2枚分用意しているのですが、デザイン的には殆ど同じという利点もあったとはいえ、あの時と違ってもうとにかくサクサクとハイペースで作業が進んじゃって、多分アップ日の前日には二枚とも仕上がってた(!)ような、そんな記憶があります。
またヒドーマンなんかも、形状の把握にゃ苦戦したし余裕もないに等しかったけれど、塗りの作業は殊の外スムーズに進んじゃって、多分配信開始前に描いた分のなかでは一番楽しんで着彩が出来たんじゃなかったかな、といった感じですね。


で、Youtubeでの配信開始と、クロスランダーの予想以上の進みの速さが重なった事もあって、あるちょっとした試みを突発的に思いついた訳なのですが……それについては後半戦にて記す事にしましょう。まぁPixivの方もご覧になられた方なら、何を試みたのかは既にお分かり頂けている事でしょうが……

白いマゴクと黒いゴク

 2012-07-22
前回の日記にてちょろっと載せました”アレ”を「折角なんだからちょっくら気合入れて撮影しようや」という事で、昨日はほぼ1年近くぶりに簡易ブースを引っ張り出してきた訳ですが……いやはや参った、引っ張り出してセッティング済ますだけで小一時間かかるんだもの;
で、しかも撮影途中でちょっとしたアクシデントも発生しちゃうものだから、結局まだいくつか撮るもの残ってる段階で撮影を中断しなきゃならんかったりと、とかく踏んだり蹴ったりな感じ。まぁ大部分はとりあえずは撮影済みだったりするので、もう今ある分だけで更新しちゃってもいいんでないかなぁ?とも思わなくもないのですが……

F1080146.jpg

ちなみにこれはテスト用として近くに飾ってあったものを撮った一枚。セイバーさんとファム(っていうか、この場合はセイレーンでしょうか)、この組み合わせはどゆこと~?と思われるやも知れませんが、fgでこれを目にしてから一度やってみたかったのです、ハイ。まぁリンク先の写真には遙かに及ばぬクオリティではありますが……;
と、そんな脱線気味というか、今後の更新の途中経過的な前置きはここまでとして、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第22話の所感の時間ですぞ、皆の衆(何


……まぁアレだけ毎週のようにドンパチ繰り返してれば当然と言えるのやも知れませんが、ゴーバスターズの存在も殆ど公に知れ渡ってるんだなぁと、今回のエピソードを見ててて感じた次第。何かこう、人知れずひっそり戦ってるってイメージがあったからねぇ。

白いマゴクと黒いゴク の続きを読む

生存確認……?

 2012-07-20
まぁ毎週日曜にはちゃんと更新してる訳なんだから、生きてる事にゃ変わりないんですけどねぇ。

しっかしだ、あれだけの目標をぶち上げときながらも、結局更新が『ゴーバスターズ』の所感のみに留まっちゃってるのはどういう事よ、俺。先週なんか結局通常更新ゼロだった訳だし;
まぁちょっとPixivの方で進めてる『メタルダー』25周年記念シリーズに絡んで、先週今週とバタバタしてたところもあった、というのも背景にはあるのですが……流石に日曜から今日までの6夜連続でのアップはキツイものがあったよなぁ、と。こちらの方でもまた今月中に掲載する予定でいますが、考えて見ればもう1か月半以上も滞っちゃってるのよね、こちらでの掲載ってorz
……まぁネタだけはゴマンとある事ですし、とにかくやる気を奮い起こして、地道に頑張ってく外ないって事でしょうかね。

F1080121.jpg

いいタイミングでこれも手元に届いた訳ですし、月内までにはちゃんとした形で紹介してやりたいものです。そしてこれに触発されて本編の方も再開と相成れば……(´-ω-)
タグ :

(有)のぶなが青果店

 2012-07-15
何でも『宇宙刑事ギャバン』が、放送30年目を迎えて初めてとなる(!)銀幕デビューだそうで。一メタルヒーローファンとして、この節目の年にこういった大きな動きがある事をうれしく思う半面、このようにいつまでも「過去の遺産」にばかり頼りがちな現状は如何なもんだろうか、と複雑な思いにとらわれてしまう訳でありまして……
「過去の遺産」に頼った作品作りと言えば、来月公開の劇場版『フォーゼ』もまた同様だったりするんですよねぇ。短期的にはともかく、長い目で見ればこういった手法は決して良いとは言い難い、そんな風に思うものです。そういう流れって、ライダー40周年だった去年までで打ち止めとしておけばよかったと思うんだけどなぁ。
それでも結局両作品とも劇場に足を運ぶ事になるだろうとぼんやり考えつつ、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第21話の所感なのです。


……ゴリサキとマサト先輩の会話の裏で、虫取り網一本でカマキリ滑り台に勝負を挑んじゃってるJを見てて「ドン・キホーテ」なんて単語が浮かんできちゃったのはここだけの話;

(有)のぶなが青果店 の続きを読む

ゼリーのような空間の中で

 2012-07-08
Youtube東映公式アカウントにて配信されていた『ロボット刑事』も今回の配信分にて最終回……終盤の路線のぶれとか、バドー壊滅の流れ等ちょっと首を傾げざるを得ないところもありましたが、全体的に見れば非常にいいものを見せてもらったよなぁ、というのが正直な感想だったりします。
このロボット刑事に限らず、ここしばらくは配信作品が次々最終回を迎えて少し寂しさも覚えるものですが……ところがどっこい、そうも言ってられない事態が待ち受けていた訳でありまして。これについてはロボット刑事の総括も含めてまた次の機会に語るとして、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第20話の所感に突入です。



五体合体のみならず、メガゾードが作り出す「疑似亜空間」や亜空間の特性、それに限定的ながらもマジェスティがゴーバスターズの前に姿を現す等々……色々と新しい設定や展開が目白押しだった今回。呼吸さえ難しくなるというあの空間の中にあって、センターの職員達は本当に無事でいるのか、そしてマサト先輩は如何にしてあれだけの装備を調えられたのか、とにもかくにも興味が尽きぬものです。

ゼリーのような空間の中で の続きを読む

そして歴史は繰り返される

 2012-07-06
数日ぶりにアクセス解析をチェックしてみたらば、昨日あたり「塚田P 最強フォーム 嫌い」なんてキーワードで来られた方がいたようで。そう言えば確か、去年フォーゼが始まった頃にその辺について軽く言及してましたっけね。アレからもう間もなく1年が経とうとしていますが、結局のところまたあの”最大の悪習”は繰り返されてしまったような、そんな印象だったりします。
何かどっかの雑誌のインタビューにてこの手の最強フォームが好きでないとか、そんな事をプロデューサーが言ってたとか聞きますけれど……

もう止めにしましょうよ、そういうのは。仮にもプロデューサーなんだから、無駄とも言える個人的なこだわりとか、そういうのはこの際グッとこらえて、最低限の販促位は真面目にやりましょうよ、塚田さん。

……これがフォーゼだけならまだしも、戦隊も含めて作品を担当する度にこれをやられてしまっては、もはや興醒めもいいところとしか言いようがない訳でありまして。そういう事もあってかカプリコーン編以降は、最新の回に至るまで1か月以上ずっと録り溜めっぱなしだったりする、そんな状態だったりするのです。
ストーリー的にも、個人的に気になってたJK絡みのエピソードが前述のカプリコーン編にて一段落しちゃった(これも色々とツッコミどころや物足りなさはなくもないのですが、まぁ概ね悪いものではなかったかな、と)のもあってか、それ以降の流れにはイマイチ興味が向かなくって、ここ2週間ほどでまた大きなうねりがあったと聞いてもとんと食指が動かないんですよね、どうにも。まがりなりにも毎週所感まで書いてる『ゴーバスターズ』とはえらい違いだよなぁ、と書いてて思ったり。



……録り溜めっぱなしで思い出したけれど、『アキバレンジャー』も結局2話以降の視聴が滞っちゃってるんですよね、確か。
まぁ『ゴーバスターズ』や『どうでしょうClassic』、それに『97分署』や『刑事貴族』の再放送など、今現在は他に優先順位の高い番組が目白押しというのも影響してるのやも知れないし、また5話目あたりで一度録画をしくじっちゃったのが後を引いてる気がするけれど……結局あのノリに最後まで馴染めなかったというのが大きいんだろうな、きっと。
といった具合に何だかんだ書いてますが、それでも「DX MMZ-01 モエモエズキューーン」だけは押さえておこう、なんて考えてたりはするのです。変形に必要な部分以外にも可動はあるのかなとか、色々気になる部分もあるのですが……番組の良し悪しと関係なしに、ここまで強く興味をそそられるアイテムっていうのも結構珍しい気がするよなぁ、なんて思ったり。

(13:00 一部追記・修正)

”不正エネトロンは、あなたのすぐそばにっ!”

 2012-07-01
……地味に今回注目せずにいられなかった小ネタだったりするのです、これw
そう言えばこのポスターが貼ってあった場所として、東映特撮おなじみのあの坂(大森坂?とかいうんだそうで)が今回も出てきましたけれど、個人的には最近ニコニコで配信中のジバンを見ているせいか、「田村直人殉職の地」としての印象が強かったりする訳でありまして。後オーズのネットムービーとかでも出て来てたような?
まぁこの坂は無理だとしても(なんてったって撮影所内だしねぇ)、今夏を無事乗り切れたらばまた一昨年みたく、特撮ロケ地めぐりにでも行ければなぁと淡い思いを巡らせつつ、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第19話の所感です、ハイ。


ここ数日ちょっと体調がすぐれないところもありますので、今回はややあっさり目な方向でひとつ……

”不正エネトロンは、あなたのすぐそばにっ!” の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。