スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

1/2の後悔と期待と

 2012-06-30
もう今日で6月も終わり、という事は2012年の上半期も終わりという訳でありまして。年頭にも記した「今年は何事も着実に前進していこう」という意気込みとは裏腹に、依然として停滞や後退を強いられる事の多い、そんな半期だったように思うところです。
『ブレイジャー』に『ボーディオン』、それに準備中だったオリジナル戦隊第2弾が全く筆の止まったままというのも痛いところですし、2月の終わりにも言及しました「入手した玩具などのアイテムの紹介」なんかも今もってままならないまま。実生活でも今月の後半から状況が大きく変化したところがあるのですが、これがどうにも良い方向に進んでくれないのがまた何とも。
ここ最近、ほぼ毎年のように夏場でペースを大きく崩して、その後の年内はその収拾に終始する事が(下手したら翌年にまで引き摺る事も……)多いだけに、今年は何とかそれを回避できればと思っているのですが、今の状況が続けばまた例によって、いや下手したら例年以上に最悪な状況に……という事にもなりかねんかな、そんな不安も過るものです。



まぁそうは言えども、現時点までに週一で『ゴーバスターズ』の所感や、『メタルダー』25周年記念のSDイラストシリーズを曲がりなりにも継続出来てたり、刑事ドラマやそれまで疎遠だったアニメ方面へと興味の幅も広がったりと、決して何も進まなかった訳ではない、そう思いたいものですが……
とりあえず気を引き締めるという意味合いも込めて、まずは何か今後の目標とかそういったものをちゃんとここに明記しておこうかと。と言っても下半期全体とか言っちゃうとまただれてしまいそうな気がしないでもないので、まずはこの先1か月かその位の、当座の目標として書き出して行ってみます。

 ・最低限、『ゴーバスターズ』所感と『メタルダー』25周年記念シリーズは継続する
 ・その上で、文章カテゴリを月内に最低2~3回は更新する
 ・可能であればイラストカテゴリの方も(記念シリーズ以外で)1~2回くらいは更新する
 ・それ以外の通常更新も含め、何か些細な事でもいいから最低週2回は記事を書く
 ・実生活では大きく変化した状況に少しでも早く慣れて行きつつ、少しでも状況を改善する方向に頑張る
 ・というか、月末に到着予定のSR超合金「撃龍神」が届くまでは何とか持ちこたえる


こうして目標を立てつつ、それらを着実にこなすという、そのプロセスを毎月毎月繰り返して行く事で、最終的に2012年末に今より少しでも状況が前向きとなればそれに越した事はない、そんな風に考える次第です。
もちろんこれ以外にも、「第三者の目」から見て状況を前向きにするための最善の策というものはあるのやも知れません。故に今後の指針や方向性について、閲覧頂いた皆様も何かご意見やアドバイスなどありましたら、ほんのちょっとしたものでも構いませんので遠慮なくコメント頂ければ幸いです。


という訳で、また下半期も当blogと不肖管理人を引き続きよろしくお願いします。
スポンサーサイト
タグ :

カブトと樹液とクワガタムシ

 2012-06-24
SHTがリアルタイムで見られるようになったとはいえ、やはり身辺の変化に付いて行き切れないところがあるのか、相変わらずblogの更新が疎かになりつつありますね。これから夏になるにつれて繁忙期に突入しますし、今の状況に慣れるまではまだまだ先になるやも知れなさそうです。
せめて最低限、例え見てる人がいるか分からずとも『ゴーバスターズ』の所感と、Pixivでの『メタルダー』25周年記念シリーズだけはキッチリ続けていかねば……なんて毎週毎週同じような事ばっかり言ってる気がするなぁとガックリしつつ、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第18話の所感を綴りましょう。



……今は無理だとしても、いつか時間が出来たらこれまでの所感もひっくるめて、もう少しちゃんとした形にまとめ直したいなぁ、と読み直して思ったり。

(6/27 17:58 一部追記)

カブトと樹液とクワガタムシ の続きを読む

元祖の実力

 2012-06-17
以前にも触れたかと思いますが、今週よりSHTをまたリアルタイムで視聴出来る状態になってたりします。これ以前、最後にリアルタイム視聴してた記憶があるのは『シンケンジャー』の37話かその辺りだったはずだから、もう2年半ぶりになるのね。いつも録画でスキップしてるからか、合間合間に流れるCMもまた新鮮な感があるというもの。
これでもう少しでも、毎週の所感を早く上げられるようになれればいいなと改めて気合を入れ直しつつ、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第17話の所感です。でも今回も結局夜になってからのアップとは……トホホorz



断片的にとは言え、今回もまた少しずつ色々と新事実が明らかになって来てますね。不安定な環境故に亜空間でマサト先輩と戦闘になるのを避けざるを得なかったりとか、また向こうから還ってくるよりも向こうへ行く方がまだ簡単だったりするとか。全貌が明らかになってない今だからこそ、こういった断片的な情報から色々と類推するのもまた楽しみと言えるのやも知れません。

元祖の実力 の続きを読む

ダメだこりゃ( ゜д゜)

 2012-06-10
前回の記事の中でも触れていたイラスト、結局今日までの完成は断念する事にしました……いやもう、そうでなくとも毎週毎週カツカツな状況な上に、この上また締切区切っての作業を増やすというのは自殺行為にも等しいでしょうから……本当は千秋楽までには間に合わせたかったものですが;
まぁ旬は逃したとはいえ、それでも『ゴーバスターズ』が放送してる期間中に間に合えばまだ大丈夫だろうとは思いますし、とりあえずはこの夏中にでも完成に持って行けたらなと希望的観測を抱きつつ、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第16話の感想に移りましょう。


……それはそうと、来週休止なのは『フォーゼ』と『スマプリ』の二つだけ、という事でいいんですよね?一応確認までに。

ダメだこりゃ( ゜д゜) の続きを読む

コマンタレブー、マダム?

 2012-06-03
前二回に引き続き、今回のメタロイドの声の人もまたSTA☆MENからなんですってね兄さん(誰 基本ダウナー系でキレるとなまら怖い、ってなキャラはありがちっちゃありがちではあるのですが、あの気怠そうな感じの丁寧なしゃべりは、個人的にはなかなかツボだったりするのです。
そんでもってまた次週もSTA☆MENからだそうで、このままの勢いだと後4人も連続で来たりするんでしょうかね、いや流石にそりゃないかと思い直しつつ、今週も『特命戦隊ゴーバスターズ』第15話の所感なんぞを一つ。例によって今回も余裕なさげな状態故、ひとまずマサト先輩とJ(後、エンターさんも)に関してのみ、ちゃちゃっと記しておくに留めておきます。他の面々については、多分また明日以降追記入れてく形になるかと。




……あぁそうそう、ソウジキロイドの顔が何か既視感あるよなぁと思ったらば、『ダグオン』の初回に出て来たサンドール星人? がまさにあんな感じの顔だった気がします。菱形の目が縦に並んでてね、流石に4つもなかったとは思うけれど。

コマンタレブー、マダム? の続きを読む

信の心で悪を討つ

 2012-06-02
春先からそのきらいはあったのですが、ここ数日特に疲れが抜けきらない、そんな日々が続いている感じです。食べる量も寝る時間もそれなりに確保しているはずなのに、全く改善されないというのはどっか具合でも悪いのかな……とか少々心配になってくるものです。
まぁ『ゴーバスターズ』の所感や『メタルダー』25周年記念シリーズ、それにYoutubeで配信中の東映特撮の視聴等は欠かさず続けられてますし、何より今もこうして記事を書いていられる辺り、まだまだ何とか大丈夫だろうとは思うものですが……いやそうだと信じましょうか。


……しかしそんな状態だというのに、かつ明日は色々やらねばならない事が多いというに、この時間(23:45頃)になってもまだ寝付けないというのが辛い。書いてるうちに眠気が来てくれればいいんですけどね、ホント。


 ―――


あんまりにも寝付けないので、先週届いたアーマープラス「水滸のシン」についてサクッと取り上げてみようかと。本当にサクッと程度なのであまり参考にはならんやも知れませんが、そこはご容赦を……;

F1080081.jpg

素体であるアンダーギア姿の伸と、水滸の鎧のツーショットから。鎧の方はこれまでの4体と同様にアレンジ入っちゃってる(水滸の場合は首元の黒い部分や、腰回りとかにその傾向が顕著やも?)ようですが、造形自体はかっちりした作りで悪いものではないです。特徴的なゴーグルをちゃんとクリアパーツで再現してる点や、発色のいいメタリックな水色なんかも個人的には好印象ではあります。
対して伸の方はと言えば……首から下は他の4体と同じなので特に言う事はないとして、頭部の造形は本編、パッケ画の両方と比べてもやはり違和感を覚えずにはいられないところ。特に相変わらずもっさりな作りの髪パーツが印象を損ねている気がしますねぇ。表情の方も、写真にはないですが叫び顔のそれの出来なんかあまりにもよろしくないのがまた何とも……毎度毎度思う事ですが受注限定なんですから、そこんところはもう少し気合入れてやって頂きたいものです、ハイ。

F1080064.jpg

鎧を武装した状態がこちら。武器である二条槍は写真の通り背負わせることが可能なのですが、その際他の4体とは異なり別パーツ(向きに応じて2種類付属)を介する必要があります。ちなみに前述の形状のアレンジはこの二条槍にも入っちゃってるようで、柄の根元や真ん中の刃の形状に若干の違和感が。
劇中で未使用だった右手の折り畳み式の鉤爪や右肩後ろに収められた小刀などもちゃんと再現してくれているのはうれしいところなのですが……こうした良い部分を台無しにしてくれるかの如きポイントもちらほら散見される訳でありまして。


今回特にガックリきたのが腰アーマー(特にサイド)の接続部分。台座に装着する際のジョイントパーツの取り付け、烈火などと同じ方式のはずなのに取り付けにくさが増しているような感じで、はめ込み終わった時には指先が痛くなっていた位。逆に素体への取り付けではジョイントが合ってないのか、ちょっと上か下に動かしてやろうとするだけですぐパチンと外れてしまったりで、イライラさせられる事必至なポイントです。
それともうひとつ気になったのが肩アーマーの接続方式。今回は元のデザインの問題もあるのでしょうが、アーマーを素体の方に直に装着させているせいか可動範囲が狭めな上に、これまた肩をある程度上に上げようとすると外れてしまうというトホホな仕様。天空や光輪みたいに二枚重ねというのは無理だとしても、もう少し接続方法は検討の余地があったんじゃないかと思うんですけどねぇ。
後は二条槍の真ん中の刃、これは外側の刃の開閉に合わせて大小異なるサイズのパーツを差し替えるのですが、大の方ははめ辛く小の方は逆にゆるゆると、こちらもジョイントが合っていないようなのが辛い。特に小の方は細かなパーツなので、知らない間にポロリしてどっか行っちゃった、なんて事にならないか不安ですね。
他にも突っつけば色々と出て来るでしょうが、パッと目についたのは大体前述の三つでしたよ、という事で。折角色々と良いところもあるんですから、もう一手間二手間かけてちゃんと詰めて行ってくれれば、もっといい感じになるとは思うんですけどねぇ。本当に残念です。


 ―――


一時の中断を経て続いてきたアーマープラスのサムライトルーパー関連も、後は金剛のシュウが出れば主人公側5人が出揃う事になるのですが、ここまでの出来を考えるとこちらもあまり期待は出来ないかもなぁ、と思ったり。ていうかそれ以前にいつまで経っても出る気配がないのがまた心配なのですが、その辺大丈夫なんでしょうかね?
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。